ハーフ渡辺直美の学校と行動力

みごとな行動力の塊、お笑いタレントの渡辺直美は台湾とのハーフであることは皆さんご存知でしょう。
お母さんが台湾人で日本人のお父さんと日本で離婚したそうです。
渡辺直美は片言の日本語を話すお母さんとの母子家庭で育ったのです。
渡辺直美の学校はどこかというと。
中学は茨城県石岡市立石岡中学校卒業です。
勉強が全く出来なかったため、高校受験をするも失敗したそうです。
渡辺直美は高校進学せずに和食レストランの夢庵でアルバイトとして働き、親の反対を押し切り家出同然の形でNSCに入りました。
NSCはよしもとの芸人を育成する学校で、渡辺直美はここの12期生として卒業しました。
渡辺直美は現在に至るも家出状態であるといってます。
NSCとはNEW STAR CDWATIONの略でクリエイティブ・エージェンシーよしもとが運営しています。
授業料は1年間40万円です。
ファミレスのアルバイトで学費をため、親の反対を押し切り東京にでてくる行動力、そのバイタリティがスゴイですね。

日本語の会話に不自由があった渡辺直美
渡辺直美は芸人にはなったものの、日本語があまり得意ではなく「しゃべり」がままならなかったといいます。
突然片言になったり、大喜利のお題の意味が分からずペンを持って書いているふりをしたこともあったそうです。
しかしながら今どきの高校生でも「大喜利」の意味をわかる人は少ないでしょうけじね。
このころの渡辺直美は行動力はあるけど劣等感は強かったようですね。
心が折れかけていた時、2期上の先輩にあたるオリエンタルラジオ・中田敦彦に「言葉の意味が分からない」と相談しました。
中田敦彦は「大喜利できないのが短所だとしても、そんなことはどうでもいい。
お前の数ある長所を誰にもマネできないくらい伸ばせ」とアドバイスをくれたといいます。
香港映画主演(2014年1月26日至2月16日)では語学力をクリア
日本で生まれた台湾とのハーフ渡辺直美は中国語はほとんど話せないが、理解は出来るという程度です。
それにもかかわらず香港のテレビ局無綫電視が製作するスペシャルドラマ「愛情來的時候」に主演で出演しています。

このドラマは、中国語と台湾語と日本語が入り混じっての楽しい作品だったとか。
中国語といっても香港は広東語なのですが渡辺直美は300年続く和菓子屋の一人娘で、結婚相手に悩む役として出演しているのです。
渡辺直美の一流の行動力で難関をクリアする才能にたけているのでしょう。
飛び込んでいっしょうけんめいやっていれば誰かが助けてくれることもありますからね。
渡辺直美の長所を伸ばすにニューヨーク留学(2014年5月から)
芸人になっても日本語があまり得意ではなく「しゃべり」がままならなかった渡辺直美は中田敦彦のアドバイスで吹っ切れました。。
中田敦彦のアドバイスで彼女自身の最大の武器は「表現力」だと気づいたのです。
渡辺直美はニューヨークへの留学を決意しました。
帰ってきても居場所はないよという声を振り切って2014年5月から3カ月間芸能活動を休止し、エンターテイメントの本場で表現力に磨きをかけました。
ビヨンセのバックダンサーの教室では「こころで踊る」ることを学んだといいます。
NHK高校講座 苦手を克服 「ベーシック英語」(2016年4月~)の渡辺直美
テレビから見ている限り渡辺直美の日本語のしゃべりが不自由だとはもうだれも感じないでしょう。
2016年の4月からは渡辺直美はNHK高校講座 苦手を克服 「ベーシック英語」(2016年4月~)に出演しています。
高校生程度の会話力を養成する講座です。
渡辺直美はNAOMI座 座長の役で英語の会話を謎の劇団員 フィリップ・Cや新人劇団員 石崎日梨と新人劇団員 佐伯亮らとしていきます。
中学卒業で高校受験にも失敗した渡辺直美ですが、テレビでは立派に英語をしゃべっています。
これも彼女一流の行動力なせる業でしょう。
今度も飛び込んで英会話をものにするつもりなのでしょう。
若い人は渡辺直美のように行動力を持ってほしいものです。
本人が一生懸命努力している限り、友達もでき、助けてくれる人も出てきて目的達成を援助してくれるでしょう。

M-1歴代優勝者動画で見るサンドウィッチマン

サンド.jpg M-1 グランプリは2001年から2010年までの10年間の歴代優勝者決勝と最終決戦のネタについては
それらををすべて収録したDVDで動画で見ることができます。


11回のみDVDも発売されていないのでレンタルもありません。
「M-1グランプリthe FINAL プレミアムコレクション」には以下の予選と決勝戦のが収録されています。
1回 2001年9月9日-12月25日 優勝 : 中川家
2回 2002年8月24日-12月29日 優勝 : ますだおかだ
3回 2003年8月30日-12月28日 優勝 : フットボールアワー
4回 2004年9月4日-12月26日 優勝 : アンタッチャブル
5回 2005年9月3日-12月25日 優勝 : ブラックマヨネーズ
6回 2006年9月2日-12月24日 優勝 : チュートリアル
7回 2007年9月1日-12月23日 優勝 : サンドウィッチマン
8回 2008年8月30日-12月21日 優勝 : NON STYLE
9回 2009年8月29日-12月20日 優勝 : パンクブーブー
10回 2010年8月21日-12月26日 優勝 : 笑い飯
2015年のgoo編集部のアンケート調査の結果では
これらの歴代優勝者の中で最も面白いのは「サンドウィッチマン」ということでした。
2015年去年行われた11回M-1 2015年8月17日-12月6日 トレンディエンジェル優勝の動画はまだ発売されていません。

サンドウィッチマンの面白さは超一流
「M-1グランプリthe FINAL プレミアムコレクション」にはM-1の1回~10回の各優勝者の予選と決勝のネタの記録です。
一気通貫で観るとサンドウィッチマンの圧倒的なクォリティの高さが光ります。
審査基準は「とにかくおもしろい漫才」ということです。
ピザの宅配、アンケートをテーマに笑いを誘う会話を展開していきます。
テーマが誰にでもある日常生活の一コマにしているのでだれにでもありそうな話です。
ペースもゆったりしていて、怒鳴りあうようなテンションの高さもありません。
つまらない外見をおもちゃにすることもありません。
聴いていて自然に笑いがこみ上げてきます。
何度見ても面白いのはネタと演技力がすぐれているからでしょう。
サンドウィッチマンの漫才は超一流ではないでしょうか。
「ますだ おかだ」、「ブラックマヨネーズ」、「チュートリアル」、「NON STYLE」など優勝者チームの大方は、
会話のペースが速かったり、怒鳴りあうようなやかましさがあったり、ネタが今一つ面白くありません。
「笑い飯」と「バンクブーブー」はいまひとつネタと演技が面白くありません。
アンタッチャブルだけはサンドウィッチマンとにたうまさを感じました。
フットボールアワーは SMタクシーネタの特異さが面白いのですが、その後のコンビの売れ方に差があることとコンビでの漫才活動あまりがされていません。
トレンディエンジェルは続くか
2016年のトレンディエンジェルは 外観をいじって優勝したのは異例といえます。
特に面白いネタではありません。
それなのに優勝できたのは、コンビに感じる安らぎや優しさ、ほのかな笑い誘う話術によるものでしょうか。
今後はサンドウィッチマンのように面白いネタをたくさん作ってライブ活動して練り上げていかないと長続きしないでしょうね。
M-1優勝者の中には漫才を捨てて、テレビタレントに特化したした人たちも多いです。
先に指摘した「ますだ おかだ」、「ブラックマヨネーズ」、「チュートリアル」、「NON STYLE」等ですね。
自分たちで自分たちの漫才はあまり面白くないということを自覚しているのではないでしょうか?
それとも時代が漫才ネタよりもバラエティ番組の方を好んでいるのかも知れません。
漫才コンビを名のる以上さんどウィッチマンのように面白いネタを作り、磨き上げる努力を継続してもらいたいものです。
その点サンドウィッチマンは、ネタ作り、ライブ、テレビお笑い芸人とバランスよく活動しています。
毎年全国行脚のライブ活動は有名でどこの会場も満員の人気です。
名実とも日本のグランプリ漫才コンビと言えます。

M-1歴代優勝者の決戦動画

2001年から2010年までの10年間のM-1 グランプリ歴代優勝者の決勝と最終決戦のネタをすべて収録したDVDで動画を見ることができます。
「M-1グランプリ THE FINAL~10年の軌跡~」というDVDがツタヤでレンタルされています。
これをみれば歴代優勝者の実力比較やどの漫才コンビが一番面白いのか比較もできることになります。
ただ、笑いは主観的要素がおおきいので個人により評価は異なるでしょう。
M-1グランプリが行われた2001年から2010年の後は休止期間が5年間続きました。
去年2015年のM-1グランプリは5年ぶりに実施されたものです。

2015年のm-1では敗者復活戦から上がってきたトレンディエンジェルが優勝したのは記憶に生々しいところです。
トレンディエンジェルのネタはかなりキャラクターのハゲネタにたよっているところがあって飽きられそうです。
その点2007年のM-1グランプリ優勝者のサンドウィッチマンはほぼ富沢が作ったネタの面白さが受けています。
極自然に笑ってしまう良さがあります。
テレビ番組に依存することなくライブでも毎年全国津々浦々まで営業して回っているところが勉強熱心なところです。
ライブ活動によりサンドウィッチマンのネタは観客の反応を見てますます磨かれます。
人気の拡大にも貢献しているでしょう。
サンドウィッチマンはネタ勝負で長い芸能活動を続けられる数少ない漫才ユニットではないでしょうか。

M-1グランプリ歴代優勝者の動画
M-1グランプリ歴代優勝者の動画の有無を動画配信サイトやレンタルサイトをチェックしてしらべました。。
U-NEXT・・・・・・・・・・  動画配信もレンタルもなし
dTV・・・・・・・・・・・・ 動画配信もレンタルもなし
RAKUTEN SHOWTIME・・・・・・ サンドウィッチマンのDVDレンタルのみ
niconico・・・・・・・・・・ なし
TSUTAYA DISCAS・・・・・・・・2010年までのレンタルDVDはほぼそろっている
fulu・・・・・・・・・・・・・なし
DMM・・・・・・・・・・・・・ 2010年までのレンタルDVDはほぼそろっている
amazonプライム・・・・・・・・なし
やはりTSUTAYAやDMMのソフトの充実は素晴らしいものがあります。

2016年M-1グランプリの優勝コンビ予想

2016年今年の優勝はどの漫才コンビと予想されるでしょうか。
今年も2016年M1グランプリエントリー開始されました。
2016年は去年優勝のトレンディエンジェルがM-1グランプリ不参加を表明しています。
過去M-1グランプリ優勝や決勝進出を機会に人気を得た漫才コンビは多いですね。
人気者になるのにはネタの面白さ以外にも要素があるようです。
歴代優勝者の中で一番ネタが面白かったのはサンドウイッチマンという調査結果があります。
gooランキング編集部の2015年アンケートを行った結果です。
投票数合計:1,813票の集計結果です。
1位:サンドウィッチマン
2位:NON STYLE
3位:中川家
M-1グランプリ 歴代 決勝進出者の中でも頭一つ「サンドウィッチマン」が実力人気ともひいでていますね。
「サンドウィッチマン」は本業の漫才とテレビバラエティ番組の出演のバランスが上手に調整されている漫才コンビです。
「サンドウィッチマン」はネタを書く富澤たけしの実力が高いだけに今後も安定して高い人気を得ていけそうです。
2015年優勝のトレンディエンジェルはネタの面白さで「サンドウィッチマン」と比較するともう一つです。
斎藤司の歌や踊り、モテ技なとの多芸展開で人気者になりました。
多芸と言えば2015年M-1で決勝進出したメイプル超合金でしょう。
赤い服、クイズに強い、読書家、135kgの体重、ドラマ出演、バイ、人生相談、高学歴などこれだけ引き出しの多いコンビは過去いなかったでしょう。
2016年M1グランプリエントリー開始され、決勝進出や優勝するコンビが誰になるのか興味が持たれるところです。
2016の優勝者は去年高得点で決勝進出した漫才コンビからでてきそうです。
そうなると「スーパーマラドーナ」 「ジャルジャル」 「銀シャリ」 当たりからでてきそうです。
ネタの面白さがある「スーパーマラドーナ」が光ります。
タイムマシーン3号は芸歴15年以下の基準に抵触して今年は出場できないでしょう。
最近とみにテレビ出演が増えているのは「メイプル超合金」ですが、ネタの面白さが今一つです。
話術がたつカズレーザーという人物そのものが面白いのでフリートークさせるとおもしろいのですが。
メイプル.jpg 審査基準が「とにかく面白い漫才」ということなので今年の優勝予想の本命は「スーパーマラドーナ」、大穴が「メイプル超合金」でしょうか。
あらたな漫才コンビが参加してレースの行方が混沌としてくると面白くなりますね。

会場と日程
当日券 500円 当日券のみの販売
東京 新宿シアターモリエール・・・・・・・・・ 8月1日~7日
北海道 ルーテルホール・・・・・・・・・・・・ 8月7日
大阪
仙台  宮城野区文化センターシアターホール・・・8月13日
福岡  レソラホール・・・・・・・・・・・・・・8月21日
大阪  大丸心斎橋劇場・・・・・・・・・・・・・8月22日~24日
大阪  新世界朝日劇場・・・・・・・・・・・・・8月26日~28日
東京  新宿シアターモリエール・・・・・・・・・8月31日~9月4日
 
沖縄  吉本沖縄花月・・・・・・・・・・・・・・9月4日
東京  よしもと幕張イオンモール劇場・・・・・・9月7日
東京  大宮ラクーンよしもと劇場・・・・・・・・9月8日
東京  よしもと∞ホール・・・・・・・・・・・・9月8日
大阪  大丸心斎橋劇場・・・・・・・・・・・・・9月12日~15日
東京 新宿シアタープラッツ・・・・・・・・・・9月19日~25日
広島  YMCA国際文化ホール・・・・・・・・・・・9月25日
大阪  大丸心斎橋劇場・・・・・・・・・・・・・9月27~28日
名古屋 東別院ホール・・・・・・・・・・・・・・10月01日
2回戦以降は決まり次第発表されます。
2016年M-1グランプリの大きな流れ
1回戦→2回戦→3回戦→準々決勝→ 準決勝→敗者復活戦→決勝
●予選1回戦
2016年8月1日(月)~10月1日(土)
●2回戦
2016年10月上旬
●3回戦・準々決勝・準決勝
2016年10月下旬~11月下旬
●敗者復活戦・決勝大会
2016年冬
★大会概要
賞金1000万円
今年アマチュアにも賞を設けています。
1回戦すべての大会において、予選のMCが特に印象に残ったアマチュア1組に合格・不合格関係なく、敢闘賞が与えられます。
もう一つはすべての予選を通して最高得点を獲得したアマチュアに「ベストアマチュア賞」が贈呈されます。
出場資格
結成15年以内(2001年1月1日以降の結成)
・プロ・アマ、所属事務所の有無は問いません。
・ 2人以上のコンビに限ります。(1名(ピン)での出場は不可。)
審査基準
とにかくおもしろい漫才
シード権
「M-1グランプリ2015」準決勝進出者は1回戦が免除されます。