相席スタートのセクハラ講義って?NHKEテレが面白い。


相席スタートは結成5年目の実力派のお笑いコンビです。

2018年6月11日に相席スタートはNHKEテレの「芸人先生」に出演して「セクハラ講義」を展開しました。

相席スタートが株式会社東洋水産に出向き、セクハラが起きる原因やセクハラが起きないための男女のコミュニケーション術などを語ったものです。

相席スタートは男心と女心の機微を面白くネタにしているお笑いコンビです。


早稲田大学文学部を卒業した山崎ケイは、捻りのきいた独自のブス理論も展開していて

「Tokyo Cawaii Media」で2017/02/21から始まったCULTURE 「山﨑ケイ×DJあおい スペシャル対談」を今も継続しています。

その延長戦でついに山崎ケイの著書「ちょうどいいブスのススメ」(主婦の友社)が4月25日に発売されたばかりです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちょうどいいブスのススメ [ 山崎ケイ(相席スタート) ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/6/16時点)



そのような背景があるだけに相席スタートのNHKEテレでのセクハラ講義も面白いものになりました。

「言いたいこと言って帰りたいと思います」といって講義にのぞんだ山崎ケイです。

まずその観察力がするどいものです。言って



相席スタートの挨拶が面白い


知らない方も沢山いらっしゃると思うんですけど

普段男女コンビで活動していまして「75点ぐらいの男」と「ちょうどいいブス」というのでやらせていただいています。

最初に笑いをとる山崎ケイ。

「私のことを見ている男性の目線がハートになっているのを感じながらやっていますけども

目が合う人と会わない人と会わない方がいますね。あははは」山崎ケイ

この枕詞が重要でのちのち受講者にイジラレキャラがでてきます。

それにしても普段の会話のまま笑いを取っていける相席スタートは

山崎ケイの観察力と知力がものを言っているようですね。


女性社員とのコミニケションの取り方に悩んでいる社員


最初は女性社員とのコミニケションの取り方に悩んでいる社員の悩みに答えます。



山崎ケイが話しを展開する中で、山添がこの場がアドリブ進行なのに絶妙の間で突っ込みを入れて笑いをとっていきます。

相席スタートのコンビネーションもいいですね。

「この時代何を言ってもセクハラと言われる時代になってきて、何を言っていいのかわからなくて

逆にコミニケーションがとりづらくなってきていますね」山崎ケイ

「どこまで言っていいのかどういう風に言っていいのかわからない部分がありますよね」山崎ケイ

いろいろな事例を引き合いにして、このようなことがセクハラになるのは

男女の関係性が成立していなからとセクハラ講義を展開していく山崎ケイ。


ついに山崎ケイと目線を合わせない社員がイジラレキャラに


ここまで来てついに受講者の中からイジラレキャラが出現しました。

「ではふだんのコミニケーションを社員の皆さんにやってもらいたいです」山崎ケイ

「今日一回も目が合っていない笹山さん。他の男性は目そらしてもチラッと見たりはするんです。

笹山さんは一番前にいても、『ちょうどいいブスと言われます』といったときもまっすぐ前を向いていました」と会場の大笑いをとる山崎ケイ

笹山さんはは硬派のスポーツマンです。



エレベーターの中で山崎ケイと二人っきりという設定です。

山崎ケイが話しかけても

笹山さんの返す言葉が一言だけで、コミニケーションが全く取れないと山崎ケイから指摘されます。


「普段がコミニケーションが取れていない人が急に『今日髪切ったね!』と声かけても

かけられた方はビックリします。

なので女性の方から男性にちょっとでもいいから歩み寄っていただきたいなあと思います。」山崎ケイ


「セクハラを怖がって男性から声を掛けれなくなる場合も多々あります。

女性から自分がどういう人間なのか自分から伝えるのが大事と思っている。」山崎ケイ


「〇〇さん私髪切ったんです」と女性からいえば、この子は「髪切ったね」と言ってもセクハラと思わない子だとわかります。

「例えば私、美人ではないじゃないですか!ねえ笹山さん!」山崎ケイ

うなづく笹山さん。

「あっ!ウンも失礼ですよ。あはは」山崎ケイ

「女芸人会でブスで笑いをとれるほどブスではないんですね」

「お客さんがどうみていいかわからないという時代が結構あったんですよ。芸人になってから」

「そこに丁度いいブスです。私イケメンと付き合いたいなあと思ってというと」妙な自身はなんなのという面白さが出てくるんですよ

「人の事をどういう風に見ていいのか

私のことをどう見てほしいのか

女性から男性に伝えることが

大切なんですね。」

相席スタートはこの語も笑いをとりながらせくはらこうぎを展開していきました。

ほとんど山崎ケイがしゃべるのですが、相席スタートとしてうまく機能しているのがいいところだとおもいました。


相席スタートのセクハラ講義って?NHKEテレが面白い。まとめ


山崎ケイはいいたことを言うと言っていましたが、かなり練り込んできたことはたしかです。

なぜなら、台本もあるし、黒板に貼る箇条書きにプレートも用意されていたからです。

そのうえで日常会話で講義を展開し、受講者も参加させつつ

時に笑いを撮る展開は山崎ケイの能力の高さを物語っています。

相席スタートしての講義形態をうまくとっているのも見事でした。

相席スタートの山崎ケイがサイテー男の魔力でキス寸前!!

「美人ではないがブスでもない女」というキャッチフレーズの相席スタートの山崎ケイがついに、

「#39:サイテー男の『思わずキスしそうになる♥』㊙仲直り術に相方の山添寛と共に出演し、

サイテー男の魔力でキス寸前!!に陥りました。

いろじろでポッチャリタイプの山崎ケイは男からは吸い込まれるような魔力を感じさせる芸人です。

相方・山添からも「相方と言うより“女性”で、もがけばもがくほどハマるような“沼”のような人」と言われています。

「指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙」のサイテー男達も、新たに登場した山崎ケイを何分でイカスことができるか品定めしていたほどです。


山崎ケイとセ〇クスしたら大体どれぐらいでいかすことができるか?


「女性の気持ちを分かろうスペシャル」という企画でもあるのでブラマヨの吉田が東惣介に急に振りました。

「山崎ケイとセ〇クスしたら大体どれぐらいでいかすことができますか?」ブラマヨ吉田

「大体10分くらいじゃないですかね。」東惣介

「10分?え~もう もっと早いかも知れない」山崎ケイ

「いきやすい体質だったんかい」相方の山添寛

「どんなつっこみや!」  ブラマヨ小杉

女性扱いされた山崎は「やだ~、楽しいですね!この現場」とまんざらでもない様子に。

「僕なら1分で行かせられます。」月野帝人

「場所探すだけで終わるわ!」山ノ内ジャン

「僕さっきからずっと考えていたんですよ

山崎ケイをどれぐらいで行かせることができるかと」山ノ内ジャン

「多分映画1本見終わるくらいの時間だと思います

あるんですよ小さな光が

ローラー作戦ですね下からどんどん」山ノ内ジャン

「どんな気持ち?」とわざわざ山崎に聞くいやらしい中年オヤジのブラマヨ吉田。

「え~どんなきもちっていわれても困っちゃう」とはにかむ35才の山崎ケイ。

「ガンガン女性の一面出してくるな」ブラマヨ吉田

お酒も飲んでいないのにいい雰囲気で下の話を繰り広げた相席スタートの山崎ケイでした。


サイテー男の東惣介の魔力にキス寸前に陥った山崎ケイ


女性の怒りになれているサイテー男から仲直りテクニックを学ぼうといコーナーでは

山崎ケイはサイテー男の東惣介の魔力にーでキス寸前に陥いります。


二人掛けソファに座って体をひねって向かい合う2人。

顔の距離40~50cmと近い距離に山崎ケイは顔を後ろ引き気味に。

「浮気したことは悪いことだけど初めてその表情を見せてくれたね

ありがとう大好きだよ。」東惣介

山崎ケイの両肩を抱いて唇を近づける東惣介。

「むむむ・・えっ!」危機一髪かわした山崎ケイ

「キスはされそうでした」山崎ケイ

「こんなきれいな人を前にしたらついついいってしまいましたね」東惣介

「そうかあ、私がきれいだからしょうがないかあ」山崎ケイ

「吸収すな!!」ブラマヨ小杉

「すごい目力でみてくるんですよ」山崎ケイ

「吸い込まれちゃうんですよねやっぱり」東惣介

「私がきれいだからだ」山崎ケイ

「吸収すな!!」ブラマヨ小杉

山崎ケイも人を吸い込む魔人でした。

山崎ケイと山添寛の相席スタートコンビでの仲直りの実演


「何でアンタっていつもそうなの?

メール送ってもぜんぜん返信しないじゃん!

たまにはそっちから送信してよ!!」山崎ケイ

「確かに それ言った方がいい!」山添寛

「言ってる!」山崎ケイ

「言った方がいい。それ」山添寛


「・・だから なんか私への気持ちが全然見えないんだよね」山崎ケイ

「それ絶対にちゃんと伝えた方がいい」山添寛

「だから言ってるの!!いま!!」山崎ケイ

「悪いと思っているなら謝って欲しいし、これから改善して欲しい!」山崎ケイ

「それマジで言った方がいいし、ごめんと思っていると思う」山添寛

おもわず次のセリフに困って笑う山崎ケイ

「笑ってる?笑っていると思う」山添寛

爆笑する山崎ケイ

「コツとしては」ブラマヨ小杉

「僕じゃないと思わせることです」山添寛

「あれ?この人違うのかなと」山添寛

「本来の怒りとは違う方に怒りが向かいます確かに。なんで話が通じないのかなと」山崎ケイ

相席スタートの山崎ケイがサイテー男の魔力でキス寸前!!まとめ


山崎ケイの色気がサイテー男達を触発させて今回の「指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙」おもしろい企画番組になりました。

相席はこのような企画にも自然に溶け込んでウィットにとんだ会話も楽しむクレバーなお笑いコンビです。

山崎ケイは早稲田大学第一文学部卒業のインテリで、大学卒業後、NSCの入学料と授業料を貯めるために約1年間OLとしても働いています。

山添寛32才と山崎ケイ35才のコンビ歴5年になりますが、キングオブコントでは2014年から2016年まで3年連続で準決勝進出、

2015年のM-1グランプリでは準決勝進出し、2016年のM-1グランプリでは初の決勝進出、2017年のM-1グランプリでも ファイナリストという実力派のコンビです。

幅広い対応力もありそうで色気も感じる相席スタートは2018年には人気も爆発しそうです。