大原櫻子 のバカリズムとのコラボ企画とは!!

大原櫻子 がお笑い芸人のバカリズムとバスリズムの企画でコラボユニットを結成。

clr_br('')

大原櫻子 がバカリズムがMCを務める20日放送の日本テレビ系「バズリズム02」にゲスト出演。

コラボする楽曲制作については同番組内で詳細が明かされます。

今回のコラボは、バカリズムが、人気アーティストとユニットを組み、楽曲を制作・披露する企画「バカリズムと」の一環。

第一弾では秦基博とユニットを組んで「ハタリズム」のを結成し、『「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する』をリリース。

第二弾では、いきものがかり水野良樹と「ミズノリズム」を結成し、「白が人気」をリリースした。


ハタリズムの『「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する』はMVはほのぼのして安らぎを感じさせるものに仕上がっていていい感じです。

「ミズノリズム」の「白が人気」はリズミックなノリのいいポップスに仕上がっています。

いづれもそれぞれのシンガーソングライターの特色が色濃く反映された楽曲になっています。

大原麗子とのコラボでつくる楽曲は・・・・。


大原櫻子とバカリズム のコラボのきっかけは


今回のバカリズムと大原コラボのきっかけは、共通の知り合いである水野のライブでの共演だという。

「大原さんと一緒にやらせてもらえたらいいよね」というバカリズムの何気ない一言に端を発し、コラボが実現。

大原麗子はびっくりしました。

それまでほとんど会話もないのに私のどこが好きでそういう話がでてきたのかなと。

2017年3作目にリリースしたシングル『さよなら』は水野良樹(いきものがかり)のプロデュースによる極上の失恋バラードです。

大原麗子は水野良樹に交換をもっています。

「水野さんは私のライブや舞台も観に来てくれていたし、音楽以外の部分も知ったうえで、この曲を書いてくださったんだなと思っていて。それがすごく嬉しいですね。」

バカリズム・水野良樹・大原櫻子の繋がりのしたじですね。

clr_br('')

 

スポンサーリンク
clr_br('')
style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="6444532193">

clr_br('')

 


大原麗子の楽曲の特色は


今年でデビュー5年になる大原櫻子です。

大原櫻子は17歳の時、学校の友人からオーディションの存在を聞いて応募した映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン理子役に5,000人の中から選ばれました。

劇中バンドMUSH&Co.(マッシュ・アンド・コー)のボーカルとして、シングル「明日も」で女優と同時に歌手デビューもしています。

ギターはこのときの役作りで始めたものです。

洋楽はメロディがよくて明るい曲が好きで、邦楽は歌詞が好きなものが多いという大原麗子が作る楽曲は明るくてメロディアスです。

大原櫻子 – 泣きたいくらい(Official Music Video)


大原櫻子のB面暴露


城田優と大原櫻子は舞台の競演を期に公私にわたるつきあいがは始まりました。

城田優の櫻子評です。


小っちゃいおっさんみたい。

お酒を飲むと力が抜けて砂肝とかおっさん臭い

つまみとか食べているイメージ

スキンシップボディタッチは控えた方が

外国人の血が入っている城田優に負けないぐらい

櫻子は男女とわず握手したりハグしたり

男はバカですからすぐその気になっちゃいますから

本当にあまり夜出かけない子

必ず10、11時ころになるとそわそわし始めて家に帰る

シンデレラ見たい。

大原櫻子の弁明

「スキンシップは人間が好きなので大事にしているかも知れない。

実家暮らしだし、家族を起こさないように帰りたいし、

後悔の萌芽楽しいより買っちゃう性格なので。」


水野良樹の櫻子のB面暴露


裏切らな過ぎて怖い人間。

邪悪な部分が出てこないというか、櫻子ちゃんがデビューした時に素晴らしい歌声だなと思った。

いつか共演できないかなと思っていました。

吉岡聖恵にも聞いてみたら

「私もさぐってほってほってみたけどいい子だったよ」と言われました。

バカリズムとのコラボを伝えると

櫻子ちゃんにOL感が出たらいいな

櫻子ちゃんに設定を与えてほしいなとは思いますね。

バカリズムさんは非常にOLをバカにしているというか

女性に対しての何かのコンプレックスだったり

ある種の怒りだったりとかが現れているネタがあるので

それをあんなかわいい櫻子ちゃんがやったら相当面白くなると思います。

コラボの企画会議

ユニット名は

櫻子リズム→バカラ子→大原バカリ子と決定。

バカリズムのタイトル案

・タイトル案俺らしくありたいと宣言されてもそもそもお前の基本パターンを知らない

・そう思うのは私だけ

・私サバサバしているという女