メイプル超合金カズレーザーが選ぶ本と本棚、2016年大賞は?アメトーク

2016年11月10日のアメトークでは、「読書芸人」企画が展開され、オードリー若林、ピース又吉、オアシズ光浦、メイプル超合金カズレーザーが出演しました。
年間200冊の本読むという読書家カズレーザーが選ぶも2016年の推薦本は独特で、居並ぶ読書芸人の中でも異色のものでした。
自室の本棚も「あれ?」と驚くものでした。
「読書芸人」初登場のカズレーザーに焦点を絞り選ぶ本と言動を紹介します。
カズレーザーは全身真っ赤なスーツ姿で登場しましたが、居並ぶ読書芸人のなかではやはり浮いてしまう程の異色な姿でした。

読書芸人が選ぶ今年読んだ中でのおすすめの本5冊は?。
★又吉が選ぶ今年読んだ中でのおすすめの本5冊は
コンビニ人間・・・ 芥川賞作家 村田沙耶香
マチネの終わり・・・ 平野啓一郎
異類婚姻譚・・・ 水谷有希子
夏の裁断・・・  島本理生
私の恋人・・・ 上川岳弘
私の消滅・・・ 中村文則
★オードリー若林選ぶ今年読んだ中でのおすすめの本5冊は
コンビニ人間
マチネ
森に眠る魚
服従
美しい距離
★オアシズ光浦選ぶ今年読んだ中でのおすすめの本5冊は
コンビニ人間 
鳥撃ちも夜更けには
グローバライズ
少年聖女
挫折を経て、猫は丸くなった。 
★メイプル超合金カズレーザー選ぶ今年読んだ中でのおすすめの本5冊は
中をそうぞうしてみよう・・・ 佐藤 雅彦 (著), ユーフラテス (著)
「椅子の中身はこうなっているよ。自分の想像力に毎回挑戦されるような本。」と説明するカズレーザー。
アライバル・・・ ショーン・タン
「大人向けの絵本でとんでもなく緻密な絵で、一切文字が出てこなくて。
全員が感動できるぐらいの本です。」とカズレーザー。
ジョンレノン対火星人・・・ 高橋源一郎
「僕はタイトル一発勝負の本が好きで。独特な世界観。まじでストーリーないぐらいで一体このストーリーは?
何かを暗示しているけどそれすら破綻している、でも読めちゃう。」とカズレーザー。
高い城の男・・・ フィリップ・K・ディック
幻獣遁走曲 倉知淳 
「軽いミスタリーであんまり紹介したくないですけど。
倉知先生はすごい面白いけど。全然働かないんですよ。
ほとんど本書かなくて、冷蔵庫が空っぽになるまで仕事しない人なんですよ。
だからこれ売れちゃうと、また本書かなくなっちゃうんで。」とカズレーザー。
●読書芸人が紹介したオススメ本は放送後約1ヶ月間代官山津フラや書店の特設コーナーに並びます。
読書芸能人の自宅の本棚を見ると、カズレーザーの本棚には??
又吉の寝室の本棚には作家毎に本が整理して並んでいました。
3000冊以上あるそうです。
光浦の部屋の本棚の本の並び方はぐちゃぐちゃで前後に二重に並んだり、収まらない本はダンボールの中に入れられています。
若林の本棚はコンパクトでした。
あまり人に何読んでいるのか知られたくないといいます。
人に見られて恥ずかしい本は裏表紙にしたりしているとのこと。
例えばノンスタイルの井上の本とかは。
さて、カズレーザーの本棚ですが・・・・。
部屋のコーナーに20冊程度積んでいるだけです。
本棚はどこにもありません。
読み終わったらすぐ処分してしまうのです。
また読みたいと思ったらお金出して買うのです。
カズレーザーの本屋のあるき方。
神保町の三省堂書店に行きました。
1階のスポーツコーナーへ。
カズレーザーは体鍛えるのが好きなんで月刊IRON MANを手に取ります。
それでモチベーションを上げてから2階の新書コーナーで新刊チェックをします。
新書はタイトルがその内容を全部説明しているんで、タイトルで感じたら中を見る
レイザーラモンの「人生はあるあるである」が平積みされていました。
平積みされているのは売れている本だそうです。
次に文庫の新刊をチェックします。
好きな作家を咲かじて真ん中読んで面白ければ買うといいます。
どの本も最初は面白いので、ぱっと開いて描写がおもしろければ買うといったやり方です。
次は5階の専門書の階です。
ここでは図鑑コーナーをチェックします。
ここいたらマジ無限に時間がつふれるというカズレーザーです。
世界一美しい昆虫図鑑なんか一生読んでいられるとか。
あえてあんまり興味ない本が並んでいる棚が好きといいます。
興味ない本がたくさん並んでいると楽しくなるというカズレーザーでした。
1万円で何を買う
カズレーザーが買ったのは
ギネス世界記録2017
贋作王ダリ
かいぶつがあらわれた・ぼうけんがはじまる トマス・ビンチョン
トマスの本はすごい難解で挫折したけどもう一度挑戦するということで。
今年読んでもらいたい読書芸人大賞2016
今年読んで貰いたい本から2冊ノミネートします。
その中から4人の審議で大賞を決定します。
今年読んでもらいたい読書芸人大賞2016は尾崎世界観 「祐介」に決まりました。
と思ったら以下次々でてきました。
まく子・グローバライズ・挫折を経て猫は丸くなった・マチネの終わりに・あひる・ヤギより上、猿より下・静かな炎天ということでノミネートが全て並びました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

静かな炎天 [ 若竹 七海 ]
価格:745円(税込、送料無料) (2016/11/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤギより上、猿より下 [ 平山夢明 ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/11/11時点)


カズレーザー推薦は「ヤギより上、猿より下」と「静かな炎天」です。
mig.jpg
それにしてもゲストで呼ばれた女優てモデルの池田エライザがかわいい美人で良かったですね。
<関連記事>
読書家メイプル超合金カズレーザーが選ぶ話題の5冊