メイプル超合金安藤なつのプロレス切れ技!!ロンハー

10月28日にロンドンハーツ「おデブ女王決定戦」にメイプル超合金の安藤なつが出演して
西口プロレス時代の超切れプロレス技を披露しました。
安藤なつがプロレス技をかけた相手は現役女子プロレスラーの桜花由美です。
桜花由美は西口プロレスに参戦した時に安藤なつと挨拶は交わした事があったそうです。
もうプロレスから離れて大分経っているそうですが、凄かったです!」と安藤なつとの対戦感想をブログで述べていました。
カズレーザーに誘われてメイプル超合金を結成する前の安藤なつは西口プロレスのプロレスラーの時代が7年もありました。

西口プロレス時代の安藤なつ。
西口プロレスはお笑い芸人が趣味の延長で始めたのが好評で、2001年2月、新宿の「プーク人形劇場」にて旗揚げ興業をしたことから始まりました。
この中には長州小力やアントニオ小猪木など今では名前が売れた人達もいます。
「お笑いブームを3回くらい逃しちゃった芸人たちがシャレでやっているプロレスごっこ」と長州小力か゜いっているようにお笑いの延長でやっているプロレス団体なのです。
2005年初頭に所属レスラー長州小力のブレイクにより現在では1000~2000人クラスの会場をも満員にするほどの集客力を持つ団体に至ってます。
安藤なつは21歳くらいのとき西口プロレスの受付嬢をしていました。
それからノリでリンクに上がり2001年10月から8年間もプロレスラーとして活躍していたのです。
この辺の事情は関連記事「安藤なつが再開で号泣!優しかった彼の本音は?ナイナイアンサー」に詳述しています。
お笑い系のプロレス団体なのに安藤なつだけはガチのプロレスラーでとおし、熱心なファンを持つに至りましたが、対戦相手がいなくなってしまいました。
あの巨体で「竹刀もってチェーンで首を絞めたり」というファイトスタイルだったのです。
必殺技がコーナーポストに追い詰めてからの130kgのヒップアタックです。
あの巨体でガチに迫られると相手は殺される恐怖を感じたでしょうね。
このころ安藤なつはお笑いへ移行したい思いが強くなりました。
お笑いコンビの活動もあって、安藤なつが西口プロレスを引退したのが2010年でした。
テレビ番組「金曜ロンドンハーツ」では安藤なつのプロレスワザを6年ぶりに披露しました。
安藤なつは安定感のある各種ワザを繰り出しました。
さすが7年間のプロレスラー経験は伊達ではありません。
もし復帰したらあの巨体で悪役ですから、日本一強い女子プロレスラーとなるかもしれません。
<関連記事>
安藤なつが再開で号泣!優しかった彼の本音は?ナイナイアンサー
小食安藤なつはなぜ太る?
メイプル超合金安藤なつ130kgの生活とは
安藤なつの経歴とプロフィール
安藤なつのブレーンバスター
安藤なつの相手になったのはプロレスリングWAVEの女子プロレスラー兼団体代表の桜花由美37才です。
桜花由美の身長は168cm 体重59kg ですから、一般男性でも彼女を持ち上げるのには難儀するでしょう。
安藤なつは桜花由美の正面に立って彼女を前屈みにさせ、頭部を自分の腋に抱え込み、もう片方の腕でタイツを持って、彼女を身体を逆さましてに真上に持ち上げました。
そこから自ら後ろに倒れこみ、相手の背面をマットに叩きつけました。

背中と腰を打って悶絶する桜花由美です。
安藤なつのボディスラムとロードローラー
安藤なつは桜花由美をマットにボディスラムでたたきつけます。
スゴイ怪力ですね安藤なつは。
普通の男性では59kgを持ち上げることも無理でしょう。
倒れてリングにあおむけに横たわっている桜花由美の上を足先の方から安藤なつは横向きになって転がっていきます。
足の上に安藤なつが横向きになられただけでも桜花由美は痛いようで顔をしかめています。
安藤なつはそのまま転がって最後は顔の上に腹ばいになりました。
相手は安藤なつの巨大なぶよぶよの腹が鼻の上のってくるので息ができません。
安藤なつのスクールボーイ
桜花由美の後ろから股間に腕を入れてそのまま桜花由美を後ろへ倒して丸め込んで、桜花由美の上にのってフォールします。
体重130kgの安藤なつにフォールされると女性の力では跳ね返せないでしょう。
なにせ安藤なつは130kgの体重でいて身軽に動ける稀有な女性なのですから。
事実、この技を受けたベテランの桜花由美が「絶対返せない」と言っていましたからね。
あいにく安藤なつの必殺技であるヒップアタックは見られませんでした。
これ一つ間違うと相手が危険ですからね。
安藤なつのプロレス技はさすがに年期が入っているなと思わせる安定感がありました。
相手の桜花由美の体重は59kgですから、これを軽々と持ち上げてブレーンバスターするのです。
落ち着いていてベテランの風格がありましたね。
練習して復帰すれば現在の日本で一番強い女子プロレスラーで通るかもしれません。