「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」と安藤なつの演技

「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」は、ドラマのまったり感安藤なつの演技がうまくマッチして癖になりそうな好感度あります。
「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」は吉祥寺の街で不動産屋を営む大島と安藤演じる重田姉妹がなぜか客に吉祥寺以外の街ばかりを提案するというドラマです。
住みたい街として人気がある分、家賃は高い、狭い、駅から遠いなど条件に合う物件はなかなかないのですから、重田姉妹は客にあった良い物件を提供しているのです。
安藤なつの演技力に不安を感じる向きもありましたか滑り出しは好調です。
2014年度に安藤なつはNHKBS「ナンシー関のいた17年」でナンシー関を演じましたがその演技力は激賞されているのです。
ドラマを観た伊集院光さんの言葉を借りると「まるで生き写し、演技も上手い」 。

「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」の視聴者からは安藤なつの演技が棒読みとか言われている向きもありますが、
あれは安藤なつがドラマのまったり感に併せて無理のない演技しているものとみるべきでしょう。
ピース又吉が本人役で出演しているとこもこのドラマの魅力の一つです。
かって吉祥寺に住み街の魅力を良く知るピースの又吉がときどき語る言葉には味があって街の魅力ひいてはドラマの魅力を高めています。

ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」のまったり感がいい
重田姉妹を演じている安藤なつと大島美幸も無理のない演技ではまり役ですが、ドラマ全体を流れるあのゆる?い感じがいいですね。
深夜帯の番組なのであのまったり感がとてもリラックスできます。
安藤なつは長い髪にして、黒縁眼鏡なのですが、顔の外見がメイプル超合金の安藤なつとは違うのです。
大きいことは大きいのですが顔は可愛くみえますね。
母性本能をくすぐる緩い顔そして大きな体格はドラマのまったり感とうまくマッチしています。
安藤なつの演技力
安藤なつの演技が棒読みとかへたくそとかいわれる向きもあるようですがあれは演技でしょうね。
西口プロレスで悪役をガチデ演じて対戦相手がいなくなるほどの根性を持っている安藤なつです。
どんな場面でも全力でぶつかっているのです。
第2話でみせた椅子に座ったまま移動する場面もリアルでいかにもありそうでおもしろかったですね。
椅子に座ったまま書類渡しに行ってズリズリと戻ってくる安藤なつは可愛くもありました。
安藤なつと大島美幸はいかにも下町にいそうな重田姉妹をリアルに演じています。
安藤なつの体重と強靭な体力と強烈な母性
メイプル超合金の安藤夏は体重130kgという女性としては稀有の体重の持ち主です。
女性の場合は100kgにポーターラインがあるようなのです。
それ以上増えると内臓が持たないからです。
その限界を軽く超えても元気な安藤なつは稀有な強力な体力の持ち主と言えます。
安藤なつは自身も演技や外観だけでなく強烈な母性を持っていることを感じさせます。
メイプル超合金の口の悪いカズレーザーに対し、安藤なつは場面場面で彼を擁護して実にうまくフォーローしています。
その辺に安藤なつの強烈な母性を感じる男性が多いようです。
「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」で安藤なつの母性に浸る
ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」では双子役の大島と肩を並べているため、ネット上では「大島が小さく見える!」といわれています。
事実安藤なつの体重130kgに対し大島の体重は80kgしかありません。
身長も安藤なつ170cm、大島美幸は166cmです。
このデカサが安藤なつのもてる秘密があります。
大島美幸と並ぶと安藤なつは縦にも横にも大きく立派で見ているだけでも安心感があるんです。
仕事や人間関係で神経をすり減らしいる男性にとって「大きな女」は母性も感じさせてくれるものです。
顔もそれほどブスではなく、太ったその辺にいるお姉さんですからも。
事実、安藤なつ以前お笑いコンビを組んでいた相方の松原陽子に「男が途切れたことがない」と「中居のミになる図書館」暴露されています。
「バイキング」ではお笑い芸人の千原せいじに安藤の出勤日になると安藤目当ての客でカウンター席が満席になっていたことを指摘されています。
ドラマのまったり感と合わせて安藤なつが放射する母性に癒されている男性は多そうですね。