NON STYLEの漫才のノウハウとは?「芸人先生」からわかること


NHKのテレビ番組「芸人先生」で

NON STYLEがその漫才のノウハウを持ってモスバーガーの社員にビジネス講座を行いました。

芸歴18年になるNON STYLEだけに今回の社員向けの講座は、カリスマコンサル、社員に評判の良いものでした。

講座の目的はNON STYLEの石田と井上がモスバーガーで売れ行きを伸ばす為に意識を変えることでした。

番組視聴者にとっても講義の内容の理解と共に、NON STYLEの漫才のノウハウが良く分かるものとなりました。

今回の石田明の講座はNON STYLEの芸風の骨格を浮かび上がらせる物となりましたね。

NON STYLE石田明の講義を聞いてみましょう。

NON STYLEの石田明の伝わるプレゼン術とは


NON STYLEの石田明の「伝わるプレゼン術」の講義は

社員からプレゼンに関する悩みを聞くことから始まりました。

その悩みをまとめると、

プレゼンしたいことが十分に伝わっていないというものとなります。

それを聞いて石田明が提示した講義の題名は「伝えると伝わるは違う!講座」 というものでした。

「伝えると伝わるは違う!講座」 社員のプレゼンに対するNON STYLEの評価



石田明の口座の最初は社員のプレゼンから始まりました。

それに対してNON STYLEが感想を述べ評価して行く形をとりました。


ベテラン社員のプレゼンを見てかNON STYLE が感想を述べました。

石田明は漫才も一種のプレゼンで、伝わらなかったら笑ってもらえないという点で社員の悩みと同じと言います。

NON STYLEが観客に伝えるために日々努力していることは

自分の言葉にして話しかけることと言います。

「プレゼンは話しかけないでしょ。」石田明



このプレゼンはあなたでなくても誰がやっても読み上げれば同じプレゼンができるし、無駄な言葉や重複があったと指摘します。

観客はNON STYLEが喋った内容を覚えている時間は短いから、前半は短くします。

本題に入ったら自分の熱量を伝えなければだめで、

単調でしゃべっているだけではダメと言います。

自分で試してみてマイナスな点を指摘し、「それはここではメリットがあるんです」と自分の言葉ででしゃべると熱量が伝わる。

自分が本当にいいと思っているポイントを伝えて、それをリレーしていくといいプレゼンになる。

ただ伝えるのではなく、伝わるようにしろ!!というのが石田明のプレゼンのポイントです。

「伝えると伝わるは違う!講座」 社員のプレゼンとNON STYLEの実演「一人があまり長いこと喋らない」


社員のプレゼントNON STYLEの評価をより理解してもらうためにNON STYLEが漫才の実演をしました。

その漫才のもとになった原稿を提示します。

一人があまり長いこと喋らないということがあります。

井上は一行。石田は一言の集積です。

練習しながらどんどんいらないところを削った結果と言います。

仕上げる前の原稿と比較して説明しました。

タダの説明だけに使っている言葉いらないとと言います。

グラフの説明なんかも見たらわかることを言っていないかチェック必要とも。

「伝えると伝わるは違う!講座 」社員のプレゼントNON STYLEの実演「イメージを描かせろ!」


ビジョンを共有したいがために会話が長くなる場合が一つあります。

共有させるためには聞き手が具体的なイメージを描けるようにする必要があります。

そのためには共有する範囲が広いと漠然としてしまうのでピンポイントに絞ることが肝要です。

例えば大きなイメージの「不良」ではなく、ピンポイントに絞った「教室でたばこを吸う男子生徒」と表現します。

また、実際に見たことや体験したことをよぎらせることで捉え方が変わってくるといいます。

自分自身が映像をイメージしながらその映像を聞き手に伝えるわけです。


NON STYLEの漫才のノウハウとは?「芸人先生」からわかること まとめ


NON STYLEがモスバーガーの社員向けに行ったプレゼンを良くするための講座は

大成功でした。

・目からうろこ

・新しい発見ばかりでしたね

と言った講座に対して評価かが社員からでています。

M-1で優勝した聞き手を納得させる話術は、会社のプレゼンの世界で

見事に活用できるものでした。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です