神田松之丞の人気の秘密は?ダウンタウンなう

2018年6月22日のダウンタウンなう本音でハシゴ酒のゲストは講談師の神田松之丞 です。 

神田松之丞 は人気の講談師でチケット速完売で、明治以来100年ぶりの講談ブームを起こしているといわれています。

芸能界での大物にも高く評価されていて

爆笑問題太田光 「何十年後かに人間国宝になる」

高田文夫 「長年待っていたスター」

と絶賛されています。

今回は全員初対面でもあり、講談の世界もうといので、いろいろ侯爵を受けながらの

本音でハシゴ酒になりました。

落語と講談の違いとは


落語と 架空の人物が登場するフィクション

講談 史実を語るノンフィクション

イメージで言うと語りもチョット違う

落語は自分で会話しながら情景をお客様に想像させる

講談はト書きで説明するんですよ

一人称と三人称の違い


神田松之丞とは


日本講談協会 最年少講談師

講談師11年目「二つ目」

前座が4年、二つ目というのは 武者修業期間が10年、合わせて14~5年で真打

年数で決まっている世界とか

講座わ満席にする神田松之丞でも後5~6年しなければ真打になれません。

神田松之丞は桂歌丸が会長の落語芸術協会に所属しています。

抜擢もあるけれど彼が所属しているところは完全に年功序列だそうです。

神田松之丞は落語の中で修行してきました。

「落語よりはるかに講談の萌芽面白いですね」神田松之丞

「落語を完全に冒涜しましたね」松本人志

「昇進は歌丸師匠死に待ちみたいなところも・・」神田松之丞

全員爆笑

「歌丸師匠は軋轢を避けている温かい心の持主なので僕はそれに従うのみですよ」神田松之丞

「ただちょっと限界はきているんじゃないかなと・・」神田松之丞

全員爆笑。

この冴えわたる毒舌も神田松之丞の魅力です。

1席の高座の報酬はいくら


振り込みがきらいなので手取りでもらう神田松之丞

交渉事も全部自分でやるそうです

皆の予想額をはるかに超える額でした。

300万円です。

社長とかに呼ばれていくと その人の一代記やってくれといわれるそうです。

政治家とかが俺の一代記を講演会でやってくれとか

結婚式でなれそめをとか

講談会が終わった後におっちゃんが来て

僕の一代記を作ってほしいんだと言って

神田松之丞さん手取りじゃないといやだから、バックに300万円はいっていたそうです。

その時はチョット怖かったんでやめたそうです。

ギャラの値段はピンキリで寄席だと1000円程度のこともあるそうです。

神田松之丞の悩みとは


子供からのファンレターにイラっとしたことがありました

熱烈な11才の僕の追っかけがいるんですけど

汚い絵とかかいて、一生懸命書いた汚い絵で最後の文末が

普通だったら「応援しています」

「応援してますよって書いてあった」

僕がめんどくさい人間なんで「よ」がひっかかるんです。



僕頑張ってるつもりなんですけど

全然入門者来ないんですよ

一人しかいないそうです。

鈴木プロデューサー曰く

「かつて手塚治虫が 将来自分のライバルなるであろうアシスタントを毛嫌いしたように

今の神田松之丞さんは 新しい才能が出てきたら全力で潰す人間だと思います。

それが見極められる優秀な若者は神田松之丞さんに弟子入り希望はしないでしょう」

「ほんとにジブリの人なんですか?」神田松之丞

全員爆笑

「言いぐさが、夢も希望もないすよ」神田松之丞

講談師の数は少ないが魅力はある


落語家は900人ほどいるのに講談師は80人だそうです。

「講談師も一時期24人まで減ったんですよ。

東京23人、大阪一人の時代があったんですよ」神田松之丞

「なのに何で講談師を選択したのか」坂上

「講談が過小評価されてると聞いたときに、宝の山見つけたと思いました。」神田松之丞

「こんなに面白いのになぜ誰も手を付けないんだ」神田松之丞

落語のネタ数は500席、講談は4500席あるそうです。

「人の脳に入らないんです。どんな人でも500席しか」神田松之丞

全部追えないジャンルであることも魅力のひとつとか。

神田松之丞の持ちネタは130席です。


神田松之丞の驚愕スケジュール


去年1年で高座に上がった数は555席です。

超一流の人は900席いくそうです。

多いときで1日8席とか。

自分で管理しているスケジュール帳は細かい字がびっしりで真っ黒でした。

神田松之丞は今が一番面白い


鈴木プロデューサー曰く「神田松之丞は今が一番面白い」

「彼がその空間を仕切って異空間にする技をみてもらいたい。

彼が偉くなったらつまらなくなるから。」

ということで

本音でハシゴ酒は鑑賞会にはいりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です