宮本浩次(エレファントカシマシ)の行列のできる法律相談所での放送事故とは

2018年6月17日、エレファントカシマシの宮本浩次(ひろじ) が行列のできる法律相談所に出演しました。

歌以外の番組に宮本浩次(ひろじ)を出演させるとは 度胸がある番組プロデューサーです。

彼は最近ではワイドナショーのコメンテーターとして出演して松本人志に「誰がこんな人つれてきたん」と言わせるほど

場を荒らしました。

このときのMCは東野幸治でした。

エレカシ宮本浩次と松本人志と東野幸治のワイドナショー



行列のできる法律相談所もMCが東野幸治のと後藤輝基ですからね、プロデューサーは何とかなると思ったのでしょう。

何で出演してのかも意味不明ですが、東野幸治当たりが面白がって引っ張ってきた可能性が大です。

時間が止まった宮本浩次に走り回って発散する東野幸治


番組の冒頭で「居心地わるいですか?」東野幸治

「・・あっ!・・・」宮本浩次(ひろじ)

「最近のご機嫌はいかがですか?」東野幸治

「え~~~~からとですね。まあ結構あの~~~」宮本浩次(ひろじ)

「無理やあ!!」走り回る東野幸治と後藤輝基


もう放送事故レベルですね。

破壊者のくっきーも大笑いしています。

宮本浩次の会話に脚をばたつかせて笑うくっきー。

「体形もスリムですけど、体形を維持するこだわれはあるんですか?」東野幸治

「もう少し、面白い方がいいですかね~?」宮本浩次(ひろじ)

会話がまるでかみ合っていません。

開いた口が閉まらない東野幸治。

「やっぱりもてたいと?」東野幸治

「それはやっぱりあの~~~」宮本浩次(ひろじ)

「じゃあ好三つあげましょうよ!」東野幸治

「これ良く聞かれたりする、芸能人で言うと誰ですか?っていうやつですか?」宮本浩次(ひろじ)

「そう!そう!そう!!」初めて会話が成立して元気になった東野幸治と後藤輝基

「あの~なんでもいい!」宮本浩次

脚をばたつかせて笑うくっきー。

ひっくりかえる東野幸治。

もうへたな漫才やコントよりも面白いですですね。

宮本浩次(エレファントカシマシ)の行列のできる法律相談所での放送事故とは まとめ

宮本浩次も51才に分別のある大人です。

いつもは会話よりも身振り手振りのコミニケーションが過剰なのですが

今回は、会話の時間を止めてしまいました。

放送事故レベルですが、スタジオの爆笑を誘うところが宮本浩次たる所以です。

破壊者のクッキーを足をばたつかせて笑わせるのですから宮本浩次は笑いの天才かもしれません。

もっともっとテレビの出演回数を増やしてお茶の間の人気を増やしてほしいものです。

処で宮本浩次(エレファントカシマシ)はミュージシャンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です