パーパー あいなぷぅの2018年

パーパー あいなぷぅの2018年は変化が求められる年になるでしょう。

パーパーはコンビ結成4年目になりテレビへの露出も増えてきました。

お笑いハーベスト大賞2017 では優勝しています。

このハーベスト大賞は同じ事務所であるマセキ芸能社のニッチェが2011年に優勝しています。

2017年のキングオブコントでは9位になっています。

M-1やキングオブコントなどでの優勝を目指すには絶好の位置にいながら、

期待値が低いのにはこのコンビ特有の問題が邪魔をしています。

特にパーパー あいなぷぅの2018年に矛盾が変化を求める年になるでしょう。

clr_br('')

パーパー のネタは面白い


パーパー は、ほしのディスコがツッコミで、あいなぷぅ山田愛奈がボケを担当しています。

パーパー の星のディスコが作るネタは秀逸です。

サンドウィッチマン並みの面白さがあります。

あいなぷぅのセリフは棒読みに近いのですが、ネタが面白いので笑いを誘うことができています。

例えば「約束」なんかが、ネタの面白さが良く出ています。

約束


パーパーのネタが面白いのですが、このコンビがブレイクスルーにはいくつかの問題があります。

ロボット相手にほしのディスコが奮闘しているみたいです。

あいなぷぅの情熱が不足しているのでしょうか。


最近の人気のお笑いコンビの状況


最近テレビで人気があるお笑いコンビは仲がよいコンビです。

サンドウィッチマン・タカアンドトシ・サマーズ・バナナマンなどはレギュラー番組を持っています。

サンドウィッチマンは毎年全国ツアーして、芸を磨きファンを増やしています。

アンジャッシュの渡部建と児嶋一哉もこの風潮を受けて最近では仲がいい路線に見せたりしています。

基本的にファンは仲が良いコンビを見ている方が気分がいいのです。



パーパーの問題点は


最近の人気のお笑いコンビの状況を見るとパーパーの問題点は致命的欠陥といえるでしょう。

clr_br('')
表面化しているいくつかのパーパーの問題点は

・星のディスコとあいなぷぅの仲が悪い。

楽屋でも会話がないほどです。コンビとしての練習も少ないと明言しています。

・一か月あたりライブ活動10~15本が限界

あいなぷぅがライブだけでは生活できないというためライブは月10本までにしており、それ以外のオファーが来た場合はマネージャーに断ってもらっているのです。

・あいなぷぅはお笑いに興味がないし、思考が自分勝手で夢物語にいるようです。

声優もやりたいんですけど、仕事としてではなくて、大好きなアニメの「名探偵コナン」にどこかで声優として出たいんです。

今はお笑いをやってるので、お笑いだけで生活できたらいいなと思います。

之ではMー1などの著名なコンテストでは優勝させてもらえないし、全国ツアーもできないし、レギュラー番組は夢物語でしょう。

更に両者とも仲が悪いのでブレイクスルーしたら別々の道を歩む示唆までしているのです。

これでは芸としての発展性はないし、マスコミへの露出も限界があるでしょう。


あいなぷぅは何を選択するか


先輩の小宮は「ディスコがあいなぷぅに従属していて、あいなぷぅからは理不尽に嫌われている」という構図こそがパーパーの最大の魅力であり、小宮はそれを存分に生かせと助言しているそうです。

明らかにこれは間違いです。

才能があるディスコがあいなぷぅに従属していれば、コンビとしての練習時間も、全国ツアーも、ライブの本数も増やせません。

星のディスコは2017年キングオブコントが優勝できなかったこと、順位が低かったことを理由に解散すべきでした。

別の相方をみつけ、コンビとしての練習時間、ネタをネル時間を増やすべきでしょう。

年齢的にも24才のあいなぷぅは何をすべきかは明白です。

この道に打ち込むか、別の道に進むか選択した方がいいでしょう。

パーパー あいなぷぅの2018年

「コナンのゲスト声優を目標にお笑い頑張ってます。」とあいなぷぅは言ってます。

ネタ作成や芸も星のディスコに依存し、ライブの数も制限し、相方と口もきかない関係です。

パーパー あいなぷぅの2018年は決断の年でしょう。

キングオブコント2018で優勝又は準優勝できなければ決断すべきでしょう。

clr_br('')

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です