ジャイアントジャイアンのコマタツ


現在は相方のかーしゃともワタナベコメディスクール13期生で2011年9月卒業しています。

芸能界を目指したきっかけはSMAPの中居正広にあこがれたからとか。

ジャイアントジャイアンはキングオブコントに出場する目的で組んだコンビでした。

ピンの時にそこそこウケていたので、一緒になったら笑いが倍増するだろうと思って結成したが、結成したばかりの頃にネタをやったら、本人たち曰く「笑いが4分の1になって焦った」と言う。

ジャイアントジャイアンのネタ作成はカーシャが担当しています。


現在のジャイアントジャイアンの芸風が

かーしゃが自分でボケて、「?だよ!」と言った口調で自分でツッコむというスタイルです。

理屈ぼくって暗い感じがします。

コンビとしてネタをもっと考えて練るべきでしょう。

この芸風になったのは

コマタツがセリフが覚えられないからということですが、

それはコンビとしての練習が足りないからでしょう。

バランスが取れないお笑いコンビはどれも解体の芳香での活躍となっています。


コマタツは中居の熱狂的ファン


中居正広(ナカイマサヒロ)
生年月日:1972年8月18日 (45歳)コマタツ ( 1988年4月16日(30歳) – )

コマタツ(30才)は中居正広(45才)の熱狂的なファンです。

小学校低学年のころテレビを見ていて好きになったといいます。

小学校低学年と言えば6~8才ですから中居正広が21才ころからずっとウォッチしているわけです。

中居が香取慎吾とともに『いいとも』のレギュラーに加入したのは1994年21才の時です。


当時の中居正広の印象をタモリは「何にもできなくて立っているだけだった」と語っています。

弟分である5歳年下の香取とずっと肩を寄せあっていたといいます。


 考えあぐねた中居はノートに台本のようなものを書いていた。

たとえば「タモさん、元気ですか」と自分が話しかけたら「元気だよ」などとタモリが言いそうなことを想定して書き連ねた。

また香取に「今日はこういうことを振るからな」と本番前に練習したりもした。

だが、実際にはそんな場面はやってこない。

アドリブが効かないのはもちろん、話を振ることすらできなかった。

そこまで中居正広がハングリーに努力した理由は何だったのでしょうか?


当時はテレビの歌番組が少なくて歌いたくても歌う場所がありませんでした。

そこでSMAPが活路を見出そうとしたのがバラエティ番組への進出です。

『愛ラブSMAP!』(1991年10月6日~1996年3月25日)やフジテレビの『夢がMORIMORI』(1992年4月18日~1995年10月14日)などのバラエティ番組でアイドル冬の時代を生き抜くためにハングリーになりながら、スタッフや共演者にお笑いのノウハウを徹底的に叩き込まれていったのです。

ハングリーなリーダー中居正広とともにSMAPは史上初めて「お笑い」という武器を獲得したアイドルへと成長していきました。


そんな中居正広の一途な生き方が当時小学低学年だったコマタツの心をとらえたのでしょう。

そんな中居正広の努力から名言が生まれました。

コマタツの座右の中居正広の名言


「相手を思いやる気持ちがあれば、緊張しない」(by中居正広)

「どこかで目立ってやろうとか、どこかでかっこつけようとか、いい点数とってやろうとか思うと緊張しちゃうけど、でも相手に伝わるように、その相手を思ってやると緊張しないよ」ってという意味です。


ぼく(コマタツ)もお客さんの前でネタをやるとき緊張するんですが、そのとき思い出す言葉です。

「面白いから見てください」じゃなくて、「お客さんのため」って思うと不思議と緊張がほぐれる。

これはぼくの中で結構大きな言葉で、後輩とかにも伝えています。

「メールやだ。俺は声を聞きたい」(by中居正広)

 中居さんらしい言葉ですよね。

ぼくは今、これをスマホに置き換えているんです。

今ってみんな時間さえあればスマホをいじっているじゃないですか。

楽屋でもみんなスマホをいじっていたりするんですけども、ぼくは先輩にも「話しましょうよ」って声をかけています。


他にもたくさんありますが、コマタツがこれから活躍するには

これらの名言が生まれた背景ら重いをはせるべきでしょう。

ハングリーに必死に這い上がろうとしていた中居正広の当時の行動と精神状態と周囲の反響などです。

タモリにたっているだけだったと思われながら

それを打開しようと台本のようなものを作っていた中居正広です。

当時タモリが49才で、中居正広が21才です。

どうあがいても中居正広が対等に相手できるような能力も経験もなかった圧倒的な壁に彼は必死に食らいついていったのです。

コマタツが中居正広を憧れて尊敬するなら

セリフを覚えられないから

カーシャ主体の「被害妄想満載自己完結型漫才」となっていいわけがないでしょう。

コンビとしてネタを考えセリフがあたまから離れなくなるほど練習するのが中居に近づく道ですね。

ジャイアントジャイアンのコマタツ まとめ


ジャイアントジャイアンは確実に進化しているのは成績が証明しています。

しかし、本当にファンからあのコンビ面白いねと認められるには

コンビとしてブレイクスルーが必要でしょう。

中居正広が好きなコマタツの奮起が突破口になるでしょう。

2015年 M-1グランプリ 準々決勝進出
2016年 G-1グランプリ横浜 2回戦進出
2017年 第38回ABCお笑いグランプリ 決勝進出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です