ブラタモリ・下田が「開国の地」になった訳は

2018年6月2日のブラタモリは下田が「開国の地」になった訳をさぐるため、全国屈指の観光地・伊豆半島の先端にある下田をおとずれます。


下田は今から約160年前、黒船を率いたペリーの来航をきっかけに、日本で最初の開港地として「世界へ開かれた窓」になった場所です。

でも難所・天城峠の先にある、決して便利ではない町が、どうしてそんな重要な場所に選ばれたのでしょうか?

clr_br('')
タモリが、下田の町と海をめぐりながら、意外な歴史を解き明かしていきます。

実はペリーがやってくる前から、とんでもなく大切な港だったという下田。



重要さを解き明かすカギは、なまこ壁の建物が立ち並ぶ街角でみつけた「クランク」であきらかに?

もともとペリーは下田ではなく、もっと江戸に近い港を希望していました。

にもかかわらず、帰国する前には下田が大のお気に入りになっていたのだそう。

ペリーが下田を愛した理由を探るタモリさんの目の前に、なぜか勇壮なお神輿(みこし)が・・・!

下田の夏祭りに隠されたヒミツとは?

ペリーが日本から持ち帰った「美しい石」の正体は?


そしてタモリさんがずっと憧れだったという、下田沖、約10kmにある無人島・神子元(みこもと)島へ上陸!

約150年にわたって下田から日本の海を照らし続けた現役の「灯台」に潜入、そこでタモリさんが見たものとは!?


ペリーが下田の街を気に入った理由とは



★下田の町が栄えていた

ペリーは下田が栄えていたと日誌に書いています。

下田の街中にクランクがありました

江戸時代に下田はクランクを境に新しい町ができて行ったのです。


新しい町のおかげて下田は休息に発展しました。



下田の同心たちは下田への船の出入りの監視をしていました。

下田には江戸時代の幕府直轄の御関所御番所がおかれました

出船入船3000漕、江戸に入る船は必ず下田によることになっていたのです。


★下田の街の人たちは外国心も受け入れる気質があった

ペリーが下田が気に入った理由とは


下田の夏祭りは江戸の初期に番所の奉行が始めましたこれが下田の人の気質と性格を表しています。

日本の他の祭りと違って下田の神輿はその場にいた人が勝手に担いでよい

飛び入り参加も良い

みんなでひとつのことをやるといものでした。

下田には日本中から人が集まりました

通りすがりの旅人でも迎え入れる気質があったのです。

外国人も受け入れ態勢がある街だったのです




ペリー一行の受け入れ先は了仙寺でした。

2ヵ月滞在してペリー達は下田の町の人たちと交流した様子が巻物に残っていました。

餅つき、網引き、婦人が異人をなぶる(からかう)様子などがえがかれていました。

湊町なので外からいろんな人が入ってくる

どんな旅人も向かい入れる町だったのです

ペリー一行にとっては予期せぬ喜びでした

★ペリーは下田の美しい石も気に入った

地形地質も一役買っています

恵比寿島 凝灰岩質砂岩

火山灰が積もってできました

伊豆石と言って美しい縞模様が魅力です

隆起してきたのです


この石はペリーもお気に入りでした

石を持ち帰ったのです

ワシントンの記念塔に使われました。

★海流の難所の避難場所として下田はうってつけでした


下田沖は難所なんです 岩があって潮の流れが早い

下田沖には厄介な海流があります


黒潮の速さは世界一です

しもだ沖は海の難所でした

年によって流れが違ったりしました

海底の地形が山だらけでした

4000m級の火山があります

ぺーリーが戒告を迫った目的のひとつに捕鯨をするアメリカ船の安全確保がありました


捕鯨のための基地を作ることでした


避難場所として下田はうってつけでした


なまこ壁とは


なまこ壁とは、黒い平瓦を外壁に張り付け目地に漆喰(しっくい)をかまぼこ型に盛り上げて作る壁のこと。

なまこ壁通りは、なまこ壁を外壁に持つ建物が立ち並んでいる通りです。

道には石畳が敷かれ、明治時代ににタイムスリップしたような趣きある風景が見られます。


クランク道路


箇所では直角に2回曲がらねばならないので進行が遅くなります。

そこを待ち 受けて攻撃を仕掛けることが容易になります。

クランク状の道路は前方を遮断して遠見がききません。戦

略道路としての役割を十分に 備えているといえます。


下田港


下田港は、江戸時代から江戸に向かう船舶の寄港地として繁栄した。毎年、3000隻の千石船の入港があった。

神子元島灯台


灯台建設はスコットランド人のリチャード・ヘンリー・ブラントンの指揮のもとで、1869年春に始まった。

日本人石工200人を傭った離島での工事は難航を極めた。

下田から切りだされた伊豆石を精緻に積み重ね、目地には日本初の速成セメントが使われている。

石造灯台では日本最古の現役の灯台であり、国際航路標識協会 (IALA) が選定した「世界歴史的灯台百選」のひとつとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です