メイプル超合金安藤なつドッキリで最優秀130kg賞を受賞

メイプル超合金安藤なつがドッキリで最優秀130kg賞を受賞したのは9月16日ロンドンハーツ日本ドッキリスター大賞でのことです。
130kg安藤なつがまたいじられてしまいました。
最近130kgの安藤なつの生活を紹介する番組があったばかりです。
手には立ち上がりダコ、両腕の重さのため立つと肩がこる とか常人には想像がつかない世界を展開してくれました。
人が良いのか、だまされやすいのか今度はびっくりに挑戦させられた安藤なつです。

安藤なつは35cmの細い路地を通り抜けできるか
スタッフに近道だと誘導されて狭い路地を通り抜けるように指示された安藤なつが。
だんだんせまくなる路地で出口付近の35cm幅しかいない両サイドの壁は横向きで賀へと体を滑らせながろもかろうじてすり抜けました。
安藤なつはロケットベッドでプールまで飛ばされるか。
プールサイドにセットされたベッドが勢いよく垂直に立ち上がって寝ている人がプールに飛ばされる仕掛けです。
安藤なつが寝ているベッドは垂直立ったものの、安藤なつはそのまま真下にスライド落下しただけで終わりました。
呆然とびしょ濡れでプールにたたずむ安藤なつでした。
安藤なつにエレベーターのブザーでいたづら
安藤なつが待つ階に満員のエレベーター泊まり、二人おります。
重量計算上130kgの安藤なつはのれるはずですが・・・。
乗り込む安藤なつ瞬時になるブザー わびしくおりる安藤なつ。
場面は変わり今度は一人しか乗っていないエレベーターが到着。
エレベーターに乗り込む安藤なつ。
鳴るブザーにしぶしぶ降りる安藤なつですが、納得いかずまた乗り込む安藤なつ。
またなるブザー あきらめる安藤なつ。
大きい体に にあわず謙虚な安藤なつでした。
安藤なつは屋外でぬかるみにはまったら自力脱出できるか
片方の足が膝までぬかるみにはまってしまった安藤なつ。
顔しかめて脱出を試みますが、直ちにギブアップしました。
普通の辰上がりで、手に立ち上がりダコを作っている安藤なつですから、下が軟弱だと動けないのです。
安藤なつのカースタント経験
体重130kgの安藤なつを乗用車に乗せてジャンプやスピンしたらどうなるかということです。
安藤なつは急加速やスピンに恐怖で目を大きく見開き悲鳴をあげました。
車でジャンプするものの車は飛び上がりません。
運転手曰く、加速も悪いし、ジャンプも少し、クッションばねも効かないということで重すぎる安藤なつでした。
安藤なつの冷感神経調査
安藤なつが椅子に座ると沈んで熱湯につかる椅子と冷たい水につかる椅子があります。
最初は熱湯につかる椅子で熱湯に接すると直ちに、アチチと反応する安藤なつ。
今度は冷たい水につかる椅子で直ちに反応する安藤なつ。
太っているから鈍いということはないのです。
仕事とはいえ ごくろうさまの安藤なつでしたね。