立川志らくブレイクまでの秘密とは?舞台・映画・音楽の時代

前の記事では立川志らくの付け人時代を紹介しました。

立川談志のテレビ番組にでて人気を得てから舞台に戻ると書きました。

立川志らくブレイクまでの秘密とは?付け人時代まで

落語が舞台に戻るとはおかしな表現です。

知る人ぞ知るでしょうが

立川志らくは非常に多芸多趣味の人です。

立川志らくの舞台・映画


立川志らくは2003年より劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家・脚本家としても活動していました。

その活動は現在も継続しています。

2018年6月7日〜17日 には第20弾の舞台 「人形島同窓会」が下北沢小劇場B1 にてが公演されます。

作・演出は立川志らくで本人も出演します。

1995年11月に真打昇進した立川志らくは真打昇進までは古典に打ち込み、真打昇進後はシネマ落語等の分野を開拓していきます。

映画と落語を題材にオリジナルの噺を創作しているのです。

当然映画も好きですから1997年に『異常暮色』で映画監督デビュー。映画監督として日本映画監督協会にも所属しています。

立川志らくのブルースハープ


2011年ころにはミッキーカーチスに貰ったブルースハープも取り組み始めました。

立川志らくは落語と音楽は密接な関係があると捉えています。


clr_br('')

clr_br('')

立川志らくブレイクまでの秘密とは?舞台・映画・音楽の時代 まとめ


立川志らくが短時間でテレビでブレイクできたのは

芸に関わる幅広く深い素養があったことが大きいでしょう。

テレビ出演で多忙を極める前に

落語と舞台・映画・音楽を極めその関係性をいかして落語を創作しているのです。

この時代の立川志らくはテレビ嫌いで通っていました。

というか、テレビに出る時間が会ったら

他にやるべきことがあったというべきでしょうか。

clr_br('')

clr_br('')

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です