博多華丸大吉の結婚生活の秘密を暴露

2018年の4月2日からNHKのあさイチのMCに抜擢された博多華丸大吉の滑り出しは上々でした。

そもそも主婦層がターゲットのあさイチに博多華丸大吉が抜擢されたのは安定した結婚生活にありそうです。

ふたりは愛妻家として知られる反面、亭主関白、恐妻家という相反する家庭生活を送っています。

clr_br('')
この記事では博多華丸大吉の結婚生活の秘密を暴露していきます。

博多華丸大吉は1989年にふたりとも福岡大学に入学して、偶然、落語研究会に所属したことで知り合うことになりました。

いらい二人はとても仲が良いコンビとして活動してきました。

酒好きな二人は飲み歩き番組を持ち、お酒や宴会に関するネタが多いのですが、8時15分からのNHKあさイチに遅刻しないように

規則だたしい家庭生活を送ることになるでしょう。

華丸の結婚生活


華丸は1998年に結婚しました。

奥さんは3才年上、福岡時代に華丸がアルバイトをしていた飲食店のお客でした。

奥さんは大吉とも仲が良くて華丸と出来ちゃった婚するときに

大吉は華丸から結婚することを聞く前に

奥さんから伝えられていました。

子供は2人の女の子がいて一家で上京しました。

次女の岡崎百々子はさくら学院というユニットで活動していましたが、2018年3月にさくら学院を卒業しました。

父と子の関係が公にならなかったのは奥さんから「娘のことは一切ふれるな」と言われていたからとか。

これだけで奥さんにコントロールされている華丸というイメージが浮かんできますね。

華丸はギャンブルが好きで特に競艇が好きで借金までしてのめり込んだようで、

ついにきれた奥さんに家を追い出されたこともあるとか。

こういう失敗をくりかえすことで結婚生活の上下関係が決まっていくんですよね。

家で華丸がお酒を飲むときにはお嬢さんがお酌してくれるそうです。

その岡崎百々子も4月から英語力を磨くために海外留学しました。

華丸は博多に戻りたい気持ちがあるようで「東京にいるのは50(歳)まで」「東京オリンピックは福岡で見たい」と言っているそうです。

奥さんは先手を打って大吉には「コンビで福岡に戻るなら、うちの亭主は単身赴任になるからね」といっているそうです。


大吉の結婚生活


博多大吉が宮崎県門川町出身の一般女性と結婚したのは2007年のことでした。

大吉が37才奥さんが35才の時です。

12年間に及ぶ長い交際期間を経たのは

博多大吉には稼げるようになってから思いが強かったからと言われています。

結婚の決め手は2017年7月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』にて、博多大吉が、妻と「一生添い遂げようか」と思ったきっかけは一緒に寝た後の朝に作ってくれた「チャーハン」だったと告白しています。

結婚を決めてから結婚するまでの期間が長すぎますがね。

2人の間には子供はいません。

博多大吉は亭主関白と言われています。

家事を一切しない。

お風呂に入る前に バスタオルや髭剃りなどを用意するのを 忘れていると入らずに黙って待っている。

お風呂から上がっても自分では体を拭かず奥さんまかせる。

朝起きたときに服が用意されていないと何も着ないままででかける。


そもそも服装には無頓着な人なので意地悪しているわけではなくて

九州男子とはそういうものだとおもっていたのでしょう。

上京してからは変わったようです。

clr_br('')

博多華丸大吉の結婚生活の秘密を暴露 まとめ


博多華丸と大吉は地方ロケへ行くと毎回必ず家族にお土産を買って帰る愛妻家です。

博多華丸は恐妻家、大吉は亭主関白と結婚生活は正反対の二人でしたが

妻を大切にする愛妻家として良き結婚生活を続けていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です