カンニング竹山が怒った社長会の勘定は?

 2018年3月18日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』で、お笑いタレントの有吉弘行が、

自分とアンジャッシュの渡部建に、カンニング竹山が怒りブチ切れたと明かしました。

あまりの高額な勘定に怒ってブチ切れたようです。

 有吉は今週あったエピソードを振り返り、「竹山さんがまたブチギレてたな。3か月に1回、ブチギレますけど」と最近の社長会の様子をあかしました。


社長会とは渡部にオススメの店を予約させて、竹山に無理やり飲食費を払わせる“竹山社長会”のことです。

 今回は高級カニ料理店だったそうで、有吉によれば、その店では日本で4隻の漁船でしか漁をしていないカニを出すと説明されたとのこと。

それほど貴重なカニだけに勘定も高額なものになります。

お会計の伝票を見た途端、竹山は「こんなに怒る?」というぐらい機嫌が悪くなり、店を出てからは、ったと語り、バーで飲んでいる間、竹山は「渡部は最近、評判悪いんじないか」と渡部の文句ばかり言っていたとことを暴露しました。

カンニング竹山が支払った勘定は?ですが20万円を軽く超える額のようです。

竹山社長会の始まりと竹山が怒って支払う勘定は


2014年末に自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「たまむすび」で、

芸人仲間である有吉弘行とアンジャッシュ渡部建と高級寿司店で食事、

2人におだてられたことでそのお代を全て自分が払うハメになったそうです。

竹山を“社長”呼ばわりして竹山が払う空気に持っていったものです。

その社長会は現在も継続中です。

渡部建が自分のなじみが高い店で
俺のことを社長!社長!っていう
有吉も付き合って社長!社長!いいだした。
お会計になったときに店主が
俺のところに伝票を持ってくる。
渡部建のグルメ活動とアンジャッシュ相方児島一哉との仲と年収の差


http://お笑いニュース.xyz/116.html

社長会でグルメの渡部が予約する超高級料理店ばかり。多い時には20万円もの会計を一人で支払っているようです」(エンタメ誌ライター)

最近では竹山の、イライラがつのり爆発をくりかえしているようです。

社長会でカンニング竹山が怒って支払ったカニの勘定は?


この社長会以前にもカンニング竹山は高額な時は20万円ほど支払っていたといわれています。

ですから、もう20万円程度では怒らないでしょう。

今回のカニの感情ろは一体いくらだったのでしょうか?

高価な蟹と言えば越前ガニか間人ガニと思われます。

越前ガニの「極み」は2017年の初競りでは過去最高の1匹46万円の値が付きました。

2016年の初競りでは重さ1.6kgの「極」に37万円の最高値が付き、ご祝儀相場に沸いています。

この越前ガニの漁は、雌は12月31日まで、雄は2018年3月20日まで行われているそうです。

一方の間人ガニもまた驚きの価格です。

2017年11月6日の京都府漁業協同組合間人(たいざ)地方卸売市場の初セリでは「間人ガニ」ブランドで有名な雄に最高で111万円(5匹)の値が付きました。

1匹20万円です。

中央卸売り市場の相場などでは最高級は最低60,000円以上するといいます。

さて、社長会でカンニング竹山たちが食べたカニはどちらだったのでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です