坂上忍は変態である!! 壮絶役者の世界からバラエティへ

坂上忍は変態である!! 壮絶役者の世界からバラエティに

2018年4月17日のマツコの知らない世界のゲストは坂上忍です。

役者の世界で長く生きてきた坂上忍は

今過去を振り返ると

「役者とは変態である」と思っているといいます。

その笑撃のエピソードがマツコの知らない世界で展開していきます。


5才で天才子役としてブレイクした坂上忍


「ありがとう」で水前寺清子と共演し56.3%の視聴率を取りました。

VTRでみる坂上が泣くシーンは誰がみてもウソ泣きと分かる

へたくそな演技です。

坂上自身が泣くシーンを見て

「うちのスクールの子役が今の鳴き方してたら俺締めちゃうな」というほどへたくそな棒演技でした。

まだ可愛ければ許されていた時代の一コマでした。


17才で岩下志麻とのベッドシーンでお漏らし


「魔の刻」という映画です。

岩下志麻44 才坂上忍17才の時で母と子という役柄です。

ベッドで岩下志麻と激しく抱き合うシーンがあります。

坂上忍が自分で「俺芝居下手だね。」という感想を出しました。


当時日本一怖いカメラマンに本番中でも

ガンガン言われたそうです。

「もっと手を動かせ!!」

「胸隠せお前の頭で」

ずうと言われぱなし。

「ベッドシーンのノウハウはわからないし、相手は岩下志麻だし

前張りしたことがなくて

本番前に緊張のあまり催してしまった」といいます。

テープなのでトイレに行ってはがしても痛くて

痛みと尿意と戦った結果

ダーと漏れてしまいました。


スタッフ呼んで

「すいません漏らしてしまいました」

「もうシャワー浴びろお前!」って言われて

はりなおして臨んだシーンでした。

正にどM状態ですね。

こういう経験を繰り返すと

「役者とは変態である」といわれても

理解できますね。

21才の時に萩原健一と共演し激怒される


極道の妻たち 三代目姐という映画です。

ショーケンに刃物で立ち向かい、刺してしまうシーンです。

ショーケンの演技プランは刺されたら、坂上がすぐ離れて

ショーケンが絶命するというものでした。


ところろが坂上はそのシーンの直前に監督から耳元で

「刺したら絶対に離れないで!」と言われたのです。

頭に来たショーケンは坂上を突き飛ばして

「テメーいつになったら離れるんだよー!!」

結局その日は坂上は返されてしましいました。


今、坂上忍が過去を振り返って思うことは

役者とは変態である!!ということです。

役者やっていて何が快感かっていったら

当たり前に叱られて

当たり前に追い込まれて

精神が崩壊するギリ手前ぐらいが

一番気持ち良かったりすると言います。


40過ぎてバラエティに呼ばれたときに

共演者からコイツ何者なのとみられゾクゾクしたといいます。

不快な感じの視線を向けられているのが

気持ち良かったというのです。

めちゃくちゃにして帰ってやるコノヤローという思いでやっていたと言います

坂上忍は変態である!! 壮絶役者の世界からバラエティに まとめ



お笑芸人がバラエティや情報番組に進出している時代に

俳優の坂上忍はバラエティや情報番組に進出してきました。

その違和感に現場は相当混乱して多くの関係者がやめていったようです。

最近は視聴率も取れるようになった坂上忍です。

お笑い芸人達もこの意気込みで頑張ってもらって視聴率アップを期待したいですね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です