異常な大食い渡辺直美

極最近の渡辺直美の異常な大食いを明らかにしたのがテレビ番組「ロンドンハーツ 真夏の食の世界」です。 
食いしん坊四天王とされた直美 100kg、大橋 88kg、ゆいP103、信江 98らおデブのタレントは食欲が落ちる夏はどのような食生活を送っているのか 一日に密着取材しました。
さて渡辺直美については大食いが深化している様子が放送されました。

朝 「お茶」と「桃饅頭」を一口のみ
昼 「特大かき氷アサイーヨーグルト味」 1ℓ
夕方「ネギ塩カルビ丼 大盛」
  「から揚げ    5個」
  「ホワイトチョコレート」
  「みそ汁」
夜は恒例の都内の夢庵での食事です。
しかも夕食をとっているわけですから。
これにはスタジオ一同は驚きで声も出ないといった感じでした。
「ひとりで食べるの? スゲェーなあ」と言ったのは おぎやはぎの小宮浩信です。
渡辺直美の夜の食事だけで 普通の人が一日に食べる食事の量に相当します。
「めかぶ」 「なす・イカ・ミョウガの天ぷら」
「から揚げ」
「豆腐チゲ鍋&うどん半玉」
「彩どり温玉サラダうどん 冷製」
「うまか丼」
「アイスティ」
「デザートは濃厚ソフトクリーム」
渡辺直美いわく「かき氷で喉を広げてご飯食べれるようになりました。 夏バテでも!!」
「寝る前にカスタードプリン 冷たいデザートを食べてヒンヤリした状態で寝たい」
「歯のスキマにカスタードを詰めて寝たい。」
もはや理解不可能というか、化け物的存在ですね。
渡辺直美のおおすめ食いも紹介されました。

夜で観られた令温交互食い。
冷たいうどんと暖かいうどんを交互に食べます。
他にホワイトチョコレートとから揚げを交互に食べるというのもあります。
追伸です。
よるの食事のとくマヨネーズを大量に食べる問いのもありました。 

渡辺直美はなぜ大食いなのか
渡辺直美の過食は仕事量が多すぎによるストレスにつきると思いますね。
現在の渡辺直美は「お笑い番組」、「英会話」、「ファッションプロデュース」、「インスタ対応」「人間関係対応」に追われストレスまみれと睡眠不足にあると思われます。
具体的にはテレビ出演はNHKの英会話~民放のバラエティ番組、CM出演、プニュのプロデュース、インスタの維持、海外移動等々です。
人間はストレスと睡眠不足を感じると、体に「コルチゾール」と呼ばれるホルモンを大量に分泌する仕組みになっています。
この「コルチゾール」は脂肪を蓄積させやすくし、食欲抑制ホルモンである「レプチン」を減少させので、食欲に歯止めが効かなくなってしまうのです。
渡辺直美の大食いの深化
2015年に比較して 明らかに 糖分・油分・食事ボリュームの深化が進んでいるのは仕事りょうが増えているからでしょう。
お笑い以外にも多数のテレビ出演やファッションプロデュースが増えているのでしょう。
2016年現在体重は100kgを超え、1Fから2Fへの階段を上るのがやっと 上った後はしばし休むといった状態です。
ストレスと睡眠不足が深化した結果が大食い・過食の深化につながっているとみることができます。
さて彼女にダイエットを志向する様子は何か体に異常が現れない限りないでしょう。
28才になっていますから、定期的健康診断によるチェックが必要な時期ではあります。
間違いなくから体の異変の兆候を表す数字が出てくるでしょうね。
みんなに愛される渡辺直美でいるためにダイエットに留意して欲しいものです。