脳活性化に驚きの効果!!絶対!カズレーザー2017年7月5日

脳活性化に驚きの効果があることを証明したのが「絶対!カズレーザー2017年7月5日」です。
松陰大学 医学博士加城貴美子教授は脳の活性化を35年間研究してきました。
加城貴美子教授によると下駄(草履)は,脳の活性化を高める効果が大きいのです。
なにしろたった30分間履くだけで驚きの効果が実証されているのですから。

脳の活性化をはするために 今の観察力を測定 ひらめき体験

30秒間で3箇所が変化していきます。
何秒で気づくか計測します。
見つけるまで繰り返します
最初はサッカー選手たの試合の写真が30秒間で3箇所変化します。
カズレーザーはぬ1セット目20秒で背番号の変化を発見しました。
その後最後の1箇所の変化した場所を発見するまで15セット目に突入しました。
9分27秒かかりました。

脳を活性化して観察力を向上させる方法は 下駄!

この観察力を向上させるために使うツールが下駄でした。
下駄をはいて30分間 いろいろなことをします・
下駄を履くことで鼻緒が親指周りの「反射区」という神経を刺激します。
反射区には脳につながる神経が集中しています。
その場所を刺激することで脳を活性化して観察力をアップさせるのです。
2011年にやった実験で30分間下駄を履いた学生の計算スピードがアップしたことが新潟の新聞で報道されています。

下駄を履いてやった運動は

カズレーザーは素足になって下駄を履きました。
加城教授は草履をはいています。
下駄30分下駄履くだけトレーニング
・ラジオ体操第一
・下駄縄跳び
・鬼ごっこならず ランニング
・下駄散歩
30分経過しました。
これだけやったらもう宮崎美子さんに負けないですねとカズレーザー

30分下駄履くだけトレーニングりの効果は

室内に戻り、観察力の口上の有無を調べました。
先ほどと同じ試験をしました。
30秒間で3箇所変化していく写真画像をみて発見したら知らせます。
カズレーザーは1セット目で2箇所変化を発見しました。
3箇所目は2セット目で発見トータルで1分1秒で発見しました。
カズレーザーもおどろきの効果でした。
「これはすごい効果ありますね。受験生にめちゃくちゃいいんじゃないか。
番組でつくります?」カズレーザー

松陰大学 医学博士 加城貴美子教授のプロフィール

なぜ下駄を履くことで観察力が向上する原因について松陰大学 医学博士 加城貴美子教授は指摘しています。
下駄(草履)は、鼻緒を第1趾と第2趾ではさむことで、第1趾と第2趾にある反射区を刺激しその反射区を活性化させます。
足趾が正常であると,お子さまは体を動かし,食事をし,良く眠ります。「寝る子は育つ」と言われるように子どもは寝
ているときに成長・発育します(0時~3時の間に成長ホルモンが分泌されますので,この時間帯に寝ていることが重
要です)。
もっと詳細に知りたい方はホームページをご覧ください。http://watomi.net/hpgen/HPB/categories/2215.html
加城貴美子教授は1950年5月10日 長野県小諸市に生まれるました。
東海大学医療技術短期大学 母子看護学助手時代、
足と姿勢の測定・調査をはじめる。(ピドスコープ自費購入)
妊産褥婦の姿勢,大学生,高齢者,成人,小学生の足の測定・調査
●平成19年度~平成21年度文部科学研究費
※テーマ:「0歳~12歳までの足の発育に関する基礎的研究」
○幼稚園児,保育園児:長野県 静岡県 愛媛県で横断的調査と縦断的調査
○0歳~(20歳)の追跡調査
○小学生~成人,高齢者
●平成20年度より,足の測定・調査に協力いただいた保護者の方へ「足の重
要性」「足に合った靴の選定」「正しい靴の履き方」などについての啓蒙活動