絶対カズレーザー最新恋愛・青春小説の書評2017年5月24日

2017年5月24日の絶対カズレーザー「レーザー読書」企画は出版社が今一番売りたい恋愛・青春小説本をカズレーザーにプレゼンし、
カズレーザーが読破し、カズレーザーが最も面白かった本をNO.1として選択する企画です。
メイプル超合金のカズレーザーが主体ですが安藤なつもフォロワーとして参加しています。
本日プレゼンされる恋愛・青春小説本と編集者はです。
文芸春秋 篠原一郎 「静かな雨」
新潮社  照山萌代 「か「」く「」し「」ご「」と」
講談社  鍛治佑介 「旅猫」

カズレーザーの大学時代の同級生が編集者として出演
2017年5月24日の絶対カズレーザー「レーザー読書」の企画に同志社大学の同級生が出演しました。
講談社の編集者の鍛治佑介さんです。
ガスレーザーの筝は良く覚えていました。
今とあんまり変わっていない印象で、当時から真っ赤な服を着て長い髪で、フェラーリの赤い靴をはいいたそうです。
当時の予備んはレッドとゆうたんだったとか。
旅猫  有川浩(講談社)
講談社が今一番売りたい恋愛・青春小説本のプレゼンを編集者の鍛治佑介さんがプレゼンしました。
文章がすごく簡単なことばで書かれいます。
人や動物の何気ない感情の描写が抜群です。
すごく大切なことば簡単な言葉で書かれていて、ほかの人には書けない本とす。
不朽の名作にしたい大物作家の小説です。
代表作は「図書館戦争」累計600万部以上。
「阪急電車」がシリーズ累計147万部。
「フリーター家を買う」が累計発行部数45万部
そんな大物作家が一生に一度しか書けない物語として書いたのが
人と猫が心を通わせる青春小説です。
一人の男性が猫を飼っていて、とあるりゆうで飼い続けるのがこんなんになります。
そこでねこの引き取り手を探します。
この猫が人間の言葉を理解します。
この猫は主人公の元にずっといたいのです。
主人もまた離れたくありません。
見合いがつぶれるたびに
ほっとして
僕を連れて帰ってることを知っていたのです。
そこであえてお見合いを破談にしていたのです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

旅猫リポート (講談社文庫) [ 有川 浩 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)


★カズレーザーの評価
有川浩さんのようにれべるの高い作家ならこういう本が画けるんだなと思った。
ただカズレーザーとしては最高傑作という感じはしなかった。
有川浩さんなら「もう少しいけた」のでは
何時読んでもかんどうするんだけど自分の人生の一冊かというとそんな感じではない
商業的に成功するタイプの本だなと思う
安藤なつは「ほめているんだかけなしているんだかわかんない」と。
最高得点は ★★★★ 星印が5個です。
テーマへの興味・・・・・★★★★
ストーリーの共感度・・・★★★★
結末の意外性・・・・・・★★★★
飼い続けられない理由は読んだらすぐ気づくとか。
静かな雨  宮下奈都(文芸春秋)
文芸春秋が今一番売りたい恋愛・青春小説本「静かな雨」のプレゼンを編集者の篠原一郎さんがプレゼンしました。
著者の宮下奈都さんは2016年に「羊と鋼の森」で本屋大賞1位となり50万部を突破しました
著者13年前に初めて恋愛物語を綴った 今回書籍化したのです
足の不自由な男性が恋をした相手か゛交通事故にあい、後遺症が残ります
短期間しか新しい記憶をとどめておけない
ヒロインの記憶は1日経つと事故にあう前までリセットされる
恋愛小説だけど修羅場もロマンチックなこともない
登場人物のキャラクターを静謐な文章できれいに積み上げる事で重層的な感情が抱ける
ペットでリスを飼っていた 自分のご飯をどこに隠したのか忘れてしまう話
他愛もないエピソードを読んでいるといろんな感情がすごく自分の中にすっとはいってくるような まさに小説でしかできない小説らしい小説
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

静かな雨 [ 宮下 奈都 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)


★カズレーザーの評価
これ人に勧めるときにどういう本と言われたら なかなか説明が難しい
「何が面白い?」とか「どこで感動する?」とか説明するにはこの本を渡すしかない。
でも読み終わったらちょっとだけ明るい気持ちになる
最後も一筋光が刺すぐらいのハッピーエンドだけどそれが心地いいんだよね
その先を想像してスゴイいい気持で終われるの
あんまり こういうの読んだことなかった僕は
カズレーザーとしては「大好きですね。おもしろいとかわかんないけどいいよ!!小説じゃなきゃ表現できないというのはホントその通りだと思います」と彼として
めずらしくべた褒めでしたね。
最高得点は ★★★★ 星印が5個です。
テーマへの興味・・・・・★★★
ストーリーの共感度・・・★★★★★
結末の意外性・・・・・・★★★★★
か「」く「」し「」ご「」と 住野よる(新潮社)
新潮社が今一番売りたい恋愛・青春小説本「静かな雨」のプレゼンを編集者の照山萌代さんがプレゼンしました。
「か「」く「」し「」ご「」と」 住野よるはオファー5年町の大型新人です。
デビュー作 「君の膵臓を食べたい」が累計140万部の大ヒットしました。
実力NO.1の著者が放った青春小説です。
高校生5人がそれぞれ特殊能力を持っていて
相手の感情を記号で読み取れたりして大まかに分かる
もう一人は恋愛感情を矢印で読み取る能力がある
しかしこの力があるがゆえに
いろいろ勘ぐってしまい 恋愛・友情関係がこじれます
特殊能力を持った主人公たちのもどかしさに共感して欲しい青春小説です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

か「」く「」し「」ご「」と「/住野よる【1000円以上送料無料】
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)


★カズレーザーの評価
「さわやかなストーリー展開は抜群。
この特殊能力があったらもっと人間関係がうまくいくよなという疑問がぬぐいきれなかったから。
そこはあんまり共感しなかった。そこが少しだけ退屈でした。読者としてもどかしく思った。」とカズレーザー

不思議な力を持っているけど実生活はうまくいかないよね
上手くいかなくても、不器用なぶつかり合いで近づいていけるんだよとうことをメッセージとした」と編集者の照山萌代さんがフォローしました。
最高得点は ★★★★ 星印が5個です。
テーマへの興味・・・・・★★★★★
ストーリーの共感度・・・★★★
結末の意外性・・・・・・★★★★★
カズレーザーが本当に面白いと思った恋愛・青春小説の発表
カズレーザーが選んだのは「静かな雨」  宮下奈都(文芸春秋)
今まで読んだことのない味があったので「静かな雨」を1位に選定しました。