松本人志・浜田雅功アメリカ行って100億円稼げ!!ダウンタウンあなたとはしご酒

12月2日のダウンタウンなうでアメリカ人のシュリラ・ネイトがダウンタウンがアメリカ進出すれば100億稼げるとプレゼンしました。
今回のダウンタウンナウはダウンタウンと坂上忍と一緒に飲みたい一般人とお酒を飲んじゃう特別企画です。
最後の6組目に出てきたのがアメリカ人のシュリラ・ネイトです。
彼は日本語が達者な30歳のアメリカ人で、ダウンタウンの笑いはアメリカ人人に通用すると言います。

ダウンタウンの笑いはアメリカ人人に通用する
アメリカ人のシュリラ・ネイトに言われてみれば、たしかにダウンタウンの笑いの中には英語を話せなくても通用するものがあります。
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の大晦日特番の(日本テレビ系)「笑っては行けないシリーズ」がそうです。
「笑っては行けないシリーズ」は紅白合戦の裏番組ではトップの視聴率である15~17%代の高視聴率取っています。
ダウンタウン一行が面白おかしいことやおふざけを見て笑ったらお尻を叩かれるという他愛もない番組です。
ダウンタウンはほとんど喋っていないのですが、どこか面白くて病みつきになるから不思議です。
この番組のようにダウンタウンの笑いは日本語とかわからなくても通じるので絶対アメリカでも受けると言います。
他の例として「サイレント図書館」とかを上げています。
これらのような発想がそもそもアメリカにはないから絶対うけるとシュリラ・ネイトは言います。
彼は日本だけに笑いの神様がいるのはもったいないのですというのです。
ダウンタウンがアメリカに進出すればどれぐらい儲かるのか試算までしてきていました。
ダウンタウンがアメリカ進出すれば100億円稼げる
★公式You Tubeでダウンタウンのお笑い物を発信すれば3000万円の収益が見込める
You Tube 最高可能リーチ 13億人
見込める収益      2898万円
You Tubeにはgoogleの広告が貼られるのでそこから収益が上がるわけです。
すでに海外にはダウンタウンのYou Tubeが勝手にアップされていて翻訳動画までながれているそうです。
ダウンタウンのお笑いの公式のYou Tubeものを流せば2898万円の収益が上がるというものです。
You Tube本数を増やしていけば収益はこれ以上となるわけです。
第一段階はYou Tubeで海外の認知度を上げるというのがアメリカ人のシュリラ・ネイトの戦略です。
★でのダウンタウンのお笑い物の配信により収益を上げる。
第二段階はNetflixでダウンタウンのアメリカでの人気をあげようというものです。
NetflixはアメリカのオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社です。
Netflix は版権を買ってきてタイトルをそろえるよりも、自らが制作に関与して、熱狂的に受け入れらるコアな作品をどんどん提供していくことにあります。
となると、事業規模と戦略からしてアメリかでのダウンタウンのファンを増やすにはピッタリの会社と言えます。
現在Netflixは延べ4200万枚のDVDを保有し、レンタル向けに1600万人の顧客を得ています。
他にストリーミング配信を扱っています。
日本では2015年9月1日夜からストリーミングのみのサービスが開始されています。
最高可能リーチ 8674万人
見込める収益 60.83億円/7話
★アメリカのテレビで笑ってはいけないのハリウッド版を放送して収益を上げる。
最後の第三段階はアメリカテレビへのダウンタウンの進出です。
アメリカで年末に「笑ってはいけないのハリウッド版」を制作したものを放送するわけです。
ハリウッド俳優にはシュワルツネッガー、ウィル・スミス、キアヌ・リーブス、ジャン・レノ等々などの俳優とくめばアメリカのみならず全世界にダウンタウンのお笑いを広めることができるでしょう。
もし現実となれば視聴率10%というのは控えめな数字というるでしょう。
最高可能リーチ 3.15億人
見込める収益  45.3億円
4時間スペシャルで10%の視聴率で計算
この3段階の戦術でダウンタウンのアメリカでの人気を高めることができれば100億円の収益はげんじつのものとなるでしょう。
PPAPが世界の人気を取ったようにネットをうまく活用すれば夢物語とは言えないでしょう。
アメリカ人のシュリラ・ネイトとは何者
会計の分野で全米トップ3に入るブリガム・ヤング大学を卒業して、マーケッティングの仕事をしている30歳のアメリカ人です。
ネイトはダウンタウンの大ファンです。
中学時代にダウンタウンの「笑ってはいけない」にハマり、ほぼ毎日ダウンタウンの動画を見ていたそうです。
ダウンタウンの笑いは天才的で日本語がわからなくても通じるという点を看破したアメリカ人のシュリラ・ネイトは鋭い観察眼の持ち主と言えます。
アメリカのみならず世界に通用するダウンタウンの笑いといえましょう。